山猫メリのスケッチブック

ネコ、時々山登り、たまにスキー、外遊び大好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by meriko on  | 

ふるさとの山〜三瓶山縦走

3日目は三瓶山縦走です。

三瓶山は、4000年前に噴火して形作られた山。
男(お)三瓶、女(め)三瓶、子三瓶、孫三瓶、大平山からなるファミリーの様な山々です。
私にとっての故郷の山は三瓶山。
子供の頃の遠足といえば、三瓶の西の原でしたから。

私たち北海道チームはAコース。つまり全てのピークを縦走する7時間コースです。
岡山時代にも全てのピークを縦走してて、初めてではない。
が......し・か・し...
体力が落ち、トレーニング不足が否めない今回はどうでしょう?

冷え込んだ朝、まだ暗いうちに宿舎の玄関に集合。
Aコースは7班に分かれて、リーダーを先頭に6時に出発します。
眠れなかったわりには体調も良くて、さくさく歩ける。良かった〜

宿舎から約1時間、自然歩道を歩いたところで、西の原分岐。
昨夜のうちに配られたパン弁当で朝食です。
PB050040.jpg


ここから扇沢に向かって登っていくと、少し色付き始めた広葉樹。
たおやかな縦走路。お喋りしながらの楽しい歩きです。

最初に登るピークは子三瓶山 
PB050050.jpg 


その次に孫三瓶と続き...
PB050044.jpg 


アップダウンを何度も繰り返し....
PB050248.jpg 

花もまだ咲いています。
リンドウも。
PB050243.jpg


マツムシソウ
PB050059.jpg 


イヨフウロだそうです。エゾフウロよりも花脈がはっきりしています。
PB050057.jpg 



大平山の頂上です。
親子連れが何組も休憩しています。
ここには東の原から観光リフトがあり、手軽に登ってこれるんですね。
PB050249.jpg

少し早いけど、ここでお昼です。
お茶とお弁当が配られました。
コースの途中でお弁当が配られるなんて、前代未聞!
至れり尽くせりだわ〜\(^O^)/


な、なんと、お弁当はリフトで登って来たのです!
とっても美味しいお弁当でした〜ありがとう♪


さて、お次は女三瓶山。
ここにはテレビ中継用の電波塔が立ち並んでいて、山らしくない頂上。
PB050251.jpg


さっさと女三瓶を通り過ぎ....
最後の男三瓶に向かいます。
PB050255.jpg 


男三瓶までは急な岩場もあったりして、でも危険というほどでもない。
PB050077.jpg


男三瓶の頂上も広い!
記念撮影のはずなんですが、なかなか集合できません....
PB050086.jpg

ちゃ〜んと歩けたよ!
最後の男三瓶から下山し、宿舎に着いたのは14時35分。

7時間の予定が8時間半もかかりましたが、不安なく歩けたのは、いいリードをして下さったリーダーのおかげです!
ちょっと暑いくらいでしたが、1日中いい天気の登山日和でした。
楽しい縦走登山でした〜


三瓶からはバスに乗って松江に戻ります。
閉会式と交歓会が待っているのです。


さて交歓会。
たくさん歩いたのでお腹もすいたていたし、喉も渇いていたので、食事もビールも美味しくいただきました♪
いっぱいお喋りし、飲んで笑って...

アトラクションは郷土芸能「石見神楽」です。
出し物は八岐大蛇(やまたのおろち)です。
PB050103.jpg 


スサノオノミコトが八岐大蛇に狙われたクシナダヒメを救おうと戦うという。
強いお酒を大蛇に飲ませ、酔っ払ったところを剣を振り回して退治するのです。
大蛇の目は光るし、口からは火が出るしそれはそれは迫力でした。

IMG_3190.jpg 

IMG_3192.jpg 

PB050093.jpg 


最後の大蛇。
IMG_3204.jpg 

舞いは激しく、大変な迫力です。
驚いたのはこの舞い手の中に、三瓶山をリードして下さったリーダーが3人も含まれていたそうなんです。
山をリードするのも大変なのに、面を被って舞うんですから、驚きの体力ですよね!

というわけで、無事終わった登山大会でした。
皆さん、本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

Category : 道外の山
Posted by meriko on  | 4 comments  0 trackback

-4 Comments

谷口冴 says...""
やまたのおろち
スゴいデカい
カラフル
実物を見てみたい気持ちになりました、マル

ホンマ、スゴい~~♪
2016.11.13 20:25 | URL | #- [edit]
meriko says..."Re: タイトルなし"
冴さん
ホンマすごいんですよ!
子供の頃はお祭りの時、近くの神社でやってるのを見たのだけど、もう怖くて怖くて泣きそうでしたもん。

出雲神話が元になってるらしいですが、ちゃんと説明できなくてごめんなさい。
石見神楽の公式サイトをどうぞm(__)m
2016.11.13 21:43 | URL | #- [edit]
そよ風 says...""
出発前に、体調に不安があったじゃないですか。
無事登山できて良かったですね。
リフトで登ってきたお弁当にびっくりですw

八岐大蛇、迫力ありそうですね。
見てみたい。
リーダーさんってお若いの?
激しそうな踊りなのに、すごい体力あるわあ。
2016.11.14 09:21 | URL | #GE1Q478A [edit]
meriko says..."Re: タイトルなし"
そよ風さん
本当にね、心配するほどじゃなかった。
無事に登れて良かったです。
やっぱりみんなと歩きたかったからね。

リフトで登ったお弁当、面白いですよね。
ルートを考えて、ちょうどそこでお昼になるよう考えたんでしょうね。
お茶も付いてて有難かったです。

八岐大蛇の迫力はすごいです。
私たちのリーダーは多分50代かな。
神楽の舞い手の3人はもう少し若いのかもしれません。
それにしても面を付けて激しく舞うのは並外れた体力が必要かと。
終わって面を外した時は、汗びっしょり激しい息づかいでした。

2016.11.14 18:03 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yamanekomeri.blog.fc2.com/tb.php/523-aefed50e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。