山猫メリのスケッチブック

ネコ、時々山登り、たまにスキー、外遊び大好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by meriko on  | 

厳しく楽しい冬山研修① 雪洞に泊まる♪

今週とは大違いの猛吹雪だった先週土日、会恒例の冬山研修でした。
研修場所は近くの樽前山。

腰痛持ちが参加したら迷惑になるとはわかっていたけど、それでも行きたくなる。
今年はイグルーを作るというのです。
初日は泊まるための雪洞掘りです。
ヒュッテに逃げ込むことは許されない。リーダーは厳しいのだ・・・

さて雪が降りしきる中、準備して出発です。
ゲート前

前夜から降った雪がしっかり積もって、最初からラッセルを強いられる。やれやれ
いつもならヒュッテの管理人さんがスノーモービルで道を付けてくれるはずなんですが、跡形も無し??・・・

雪がやんでひたすらラッセル。
林道ラッセル

6.7km。
2時間で行けるのに、4時間も掛かって7合目ヒュッテ到着。
さらにそこから200m歩いて雪洞予定地。

行動中、体力の弱った人を収容するための雪穴を手早く掘り、収容した後、大きな雪洞を掘るという設定。
その体力弱ったという人は唯一の女子である私がなります。(実際弱っちいしね・・)

リーダーのレクチャーの元、男性達は休む間もなく雪洞を掘り始めます。
せっせせっせ...
雪洞掘り1

2時間もあれば7人が泊まれる雪洞が完成。
雪洞中から

「ここに雪洞あり」の目印、デポ旗を立てておきます。
デポ旗

入口は二重に塞いで風をシャットアウト。
中部にコッフェルやロウソクを置く棚を付けたり・・・
雪洞入口

中は快適!夕食はカツ丼!
雪洞内部

おりしもその日はバレンタインデー!
女子はたった一人なので、男性全員分のチョコを運ぶのは大変。なので大箱1つで勘弁して頂きました。

おでんを鍋ごと担ぎ上げた勝氏、アルコール飲めないのに赤ワインを瓶ごと持ってきてくれたリーダーSle氏。
せっせと雪洞を掘ってくれた男性諸氏に感謝!

食事の支度をしていると、ほろ酔い加減のヒュッテ管理人のOさんが、手料理持参で雪洞訪問。
支笏湖氷濤祭りの花火が見えるよ、とOさん。外は地吹雪、出たくない...

全然戦力にはならなかったけど楽しい夜でした♪


スポンサーサイト

Category : 研修
Posted by meriko on  | 2 comments  0 trackback

-2 Comments

freecat2828 says...""
雪洞にしろイグルーにしろ実際にそういうの作ったことないし中に入ることなかったですが、仲間たちとの食事は楽しいでしょうね~
IBSオリジナルのテントを購入したはいいけど空気抜きがなくコンロをつけたり煙草を吸うと酸欠になりそうでした。
後付してもらったものの3回ぐらいしか使うことなく押入れの肥やしになってます。
マミちゃん日向ぼっこですか?
暖冬とはいえ氷点下なんでしょうね・・・
2015.02.24 20:50 | URL | #hdScUxTA [edit]
meriko says..."Re: タイトルなし"
freecat2828さん
真冬のテントはバーナーを消すと直ぐ外気温と同じになってしまいますが、雪洞なら0度そこそこです。
なのでとても快適でなんす。
本当ならもっとはしゃぐのですが、研修なのでお酒もほどほどに・・・
IBSオリジナルテントお持ちなんですか!
もったいないですね。撮影旅行とかではお使いにならないのですか。
是非活用して下さいな。

マミちゃんは毎日日向ぼっこしていますよ。
最低気温が氷点下になることが少なくなってきたので、安心です。
2015.02.25 18:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yamanekomeri.blog.fc2.com/tb.php/432-d2107f17
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。