山猫メリのスケッチブック

ネコ、時々山登り、たまにスキー、外遊び大好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by meriko on  | 

風不死岳大沢へ〜アクシデントとリーダーの責任

ガッカリな話というより、ショッキングな話。

少し遡って・・・
11月の会山行は風不死岳大沢。
CLはわたし。
9月末と10月、Oniを付き合わせてトレーニングを兼ねて下見に。
ところがその後、雪が降ったので心配になり、積雪状態を確かめるため11月初めに再度登って来ました。

11月5日
大沢入口は全然雪はなかったけど、F1辺りからうっすら雪が出て来ます。

滑りやすいので注意しながらF1を登るOni。
PB057441.jpg

国道から見上げて心配したほど雪はなく、足首程度の積雪。
思ったよりサクサク歩けます。

F4を巻き終わってあとは北尾根の夏道までトラバース。
PB057443.jpg

北尾根に出てから25分で風不死頂上へ。
樽前の縞々模様がキレイです!
PB057444.jpg

そんなわけで首尾良く下見を終了し、4日後の本番を迎えました。

11月9日
当日は大沢を登り、樽前7合目ヒュッテ側に下山する予定。
9名の参加者、車3台で行き、2台をヒュッテにデポしておきます。

下見時と違い、雪はすっかり解けています。

F1は晩秋のたたずまい。
PB097459.jpg

F2は登れないので、手前から大きく高巻きます。
高巻きルートにはトラロープがフィックスされていますが、いかにも怪しげ。

なのでひとりずつ順番に登ります。
落石が怖いので、上から「いいよ〜!」のコールがあるまで離れた場所で待機ということに。

6人が登り、あとは一番最後のわたしの他2名が待機中のこと。
突然、こぶし大かそれより大きめの石が落ちてきて、避けようとしたけど間に合わず、Nom氏の左脚を直撃。あっという間の出来事でした。

私たち3人はフォールラインから外れた場所にいたし、そこに石が落ちてくるとは想像していませんでした。
Nom氏が「大丈夫、なんともないです」と言うので、そのまま全員高巻き終了。

F2高巻き中。左下に見えるのはF3。
PB097465.jpg

F3の上で休憩し、Nom氏の怪我の様子を見ます。
あらら〜皮膚がめくれて出血しています。
痛そう・・・
なのに彼は「全〜然痛くないんですよ〜」という。気を遣ってるんだか鈍いんだか・・・いや気を遣ってるんでしょう・・・看護師であるサブリーダーO女史が応急処置をしてくれました。やれやれ・・・

結局予定を変更し、夏道に合流してから北尾根を下山することにします。

ほら、もう北尾根だよ〜頑張れ!(ヘルメットの被り方がちょっと甘い -_-#)
PB097467.jpg

北尾根の8合目で大休止したあと、ゆっくり下山し、車を回収。
彼は救急当番医へ直行。(後で聞くと7針縫ったそう・・・)

事故の後、冗談や馬鹿な事ばかり言ってましたが、口とは裏腹にわたしの心はどんよりとしていました。
私がリーダーだとろくなことがないんだよね・・・
以前、わたしがリーダーの山行で仲間を亡くしているのです。

アクシデントはリーダーの負けだと思うのですよね。
あの待機場所だって、フォールラインから外れていると思っても、実際は石が落ちてきたんだから。
それを見抜けなかったのはリーダーが悪いんです。
頭に当たらなかったのは不幸中の幸いでした。

11月の苦い山行でした。

スポンサーサイト

Posted by meriko on  | 9 comments  0 trackback

-9 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.11.17 17:00 | | # [edit]
taeko123 says..."大変でしたね。"
誰のせいでもないけれど、いざ事故にあってしまうとリーダーとしては苦しい立場におかれてしまいますね。
ほんとうにお疲れ様でした。
気を落とさず、次がんばって!!
2014.11.17 19:48 | URL | #iRvT.3rM [edit]
freecat2828 says...""
山は自己責任で行くのが基本ですがチームを組んでの場合事故が起きればリーダーに責任がのしかかるし、非難されることも…
山岳写真の同好会でさえいいかげんな会長がいたし、役員一同会長のイエスマンばかり。
それ以前ザイルワークや冬山へ行きたいこともあり山岳会の見学をしたものの、どこも精鋭主義が横行しててこちらの嗜好に合わず入会することなく単独行を続けてました。
ま、今回の落石で7針縫うけがが小事責任を感じるのはリーダーとしてやむを得ないでしょうが、生死を分ける事故でなかったのが幸いでしょう。
山岳会だけでなく団体行動をするすべてがリーダーの指令に元づいて行動するし、政党を見ればその行動は一目瞭然だし碌な者がいない。
生死を賭しての山岳会がそういうリーダーでは困りますが、誰かしら名目上だけでもリーダーを任命せざる得ないんでしょう。
いくら下見をしても自然相手に理想の行動はできないし、不可抗力などいろんな要素が絡む山登り。
後進の指導という役目を誰かしらしなければならないし、その責任は重いでしょうね・・・
私には出来ないし、人の命を預かるなど怖いです。
それでもしなければならないとは・・・心中察してやみません。
2014.11.17 20:23 | URL | #hdScUxTA [edit]
meriko says..."Re: 大変でしたね。"
taeko123さん
励まして下さってありがとうございます。
みんな優しくて、リーダーのせいじゃないからと・・・
仲間はありがたいです。
だからこそよけい責任を感じてしまいます。
本当にね、次は頑張らなくちゃね。

2014.11.18 10:27 | URL | #- [edit]
meriko says..."Re: タイトルなし"
freecat2828さん
今どこの会でも人が減っていて、人の後に着いていくタイプの会員ばかりで、リーダーをやる人がいないのです。山行を組む以上誰かがリーダーやらなければならないし、山行回数を減らすか、同じ人が何回もリーダーやるかです。リーダーは責任も負担も大きいです。
気心知れた仲間なので誰一人責めたりしませんが、前回のこともあるので、すごく気持ちが重いです・・・
気に病まないようにしてまた頑張るしかないかな・・・
いろいろありがとうございました。

2014.11.18 11:01 | URL | #- [edit]
mayumi-pf says...""
リーダーは大変ですね
しかもそんな事があったりして気が重く晴れない感じよくわかります
どうぞ落ち込まないで!
命にかかわらなかったことを幸いと思って♡
頑張りすぎないでね~
どこかでガス抜きして!
私たちみたいなお遊び山行でも
リーダーは天気やらコース選びやら悩みますもの
ホント大変だわ

2014.11.18 12:17 | URL | #- [edit]
そよ風 says...""
ショッキングな出来事でしたね。
自然相手のお仕事って特別だと思います。
思いもよらないアクシデントばかりじゃないかしら。
でも、それをちゃんと受け止めているなら、次へ進めばいいんです。
過去にとらわれて、鬱々としないようにしてくださいね。
独身時代に、責任から逃れるように仕事をやめた私が、
言える立場じゃないのは、わかっていますが(自嘲w)
merikoさん、ファイト!

2014.11.18 14:29 | URL | #GE1Q478A [edit]
meriko says..."Re: タイトルなし"
mayumi-pfさん
仲間うちなので「なんちゃってリーダーですから」と宣言してましたが、いざ事が起こるとそうはいきません。皆さんの優しい言葉に救われてます( ; ; )
ガス抜きガス抜き!
2014.11.19 07:29 | URL | #- [edit]
meriko says..."Re: タイトルなし"
そよ風さん
仕事っていえば仕事だけど、会の行事なんです。
言われてみれば、お客さんの時でなくて良かった(u_u)
大丈夫!皆さんの言葉で元気出ました!
ありがとう〜( ; ; )
2014.11.19 07:36 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yamanekomeri.blog.fc2.com/tb.php/415-467a4695
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。