山猫メリのスケッチブック

ネコ、時々山登り、たまにスキー、外遊び大好き。

礼文の旅〜2日目

2日目は北の端スコトン岬から香深井までの8時間コース。全行程約24km。
キャンプ場に車を置き、バスに乗ってスコトンまで行きます。
バスの乗客はトレッカーだけ。

途中、アザラシが群れている場所でバスが止まってくれました。さすが島の運転手さんは親切!

分かるかな〜何アザラシだか知らないけど、いっぱい寛いでいます。
P6286627.jpg

バスを降り、ここからトレッキングが始まります。7時45分。
IMG_3349.jpg

あいにくガスっているので、遠くは見通せないけれど、その代わり涼しくて助かった。

花の峠を登ったり下りたり。
P6286633.jpg

どこまでも花は途切れることなく続きます。
P6286638.jpg

鉄府という集落。こんなところも歩きます。
P6286649.jpg


おっ!いました♪
P6286644.jpg


ちょっと付いていってみますか。
P6286645.jpg

何で付いてくるんだよ(--#)

ゴメンね、お昼寝場所を探していたのね^^
P6286647.jpg

またいました♪

まだ仔猫っぽい白黒と...
P6286654.jpg

オッドアイの美ネコちゃん♪
P6286655.jpg

かわいいねぇ〜などと言ってたら・・・
近くの人が「うちの子なんですよ」と嬉しそうでした。

いつまでも油を売ってはいられない。まだまだ先は長いのです。
途中で澄海(すかい)岬というところを通るので楽しみにしていました。
澄海岬って、なんと素敵な響きでしょう!
スカイ、SKY。青い空を映す青く澄んだ海を連想します。

売店があるらしいのでアイスも買えそうだし♪

ですが・・・澄海岬は観光バスで溢れかえっていました。
今までの静けさが嘘のよう。
アイスも諦めてまた歩きます。

海岸から峠に上がると、分岐が。
IMG_3372.jpg

ゲッ!まだ半分も来てないじゃん(-。-;)

気を取り直して...花はまだまだ続きます。
P6286658.jpg

エゾカンゾウが溢れるくらい。
IMG_3359.jpg

おおっ!今回初めて出会った。
エーデルワイス。レブンウスユキソウ。
IMG_3392.jpg

レブンウスユキソウの時季はこれからなのです。

珍しく針葉樹林帯を通り・・・
P6286663.jpg

島の西側に抜けると荒々しい景色が広がります。
P6286666.jpg

滑りやすい急斜面もあり、気を付けて海岸に降り立ちます。
下りたところがアナマ岩。
P6286673.jpg

ここからは道はないので、岩を伝って歩きます。
打ち上げられた海藻は滑りやすい。

宇遠内まで行くと休憩所があるじゃないですか!
中からおばちゃんが「今日あがったウニあるよ〜」と呼びかけてきます。

休みたいな〜とつぶやく私...知らんぷりのOni。
夜、ウニの予定があるからなんです。

宇遠内からヒーフー言いながらまたまた峠を越え、全行程を歩き終えて車に戻ったのは午後3時50分。
右足の親指に大きなマメが出来てました。

は〜疲れたよ〜〜〜

さてそこから北部エリアまで移動。
今夜はテントじゃないのですよ!もういっぱい歩いたんだからいいでしょ?

今日のお泊まりは、プチホテル「コリンシアン」

温泉と海の幸いっぱいの食事♪(もち、お目当ての生ウニも!)
お食事の写真は無し。食べるのが先なので...
写真みたい方はホテルのHPをどうぞ

ビールのあと白ワインで夕食を楽しんでいると、「夕日がご覧頂けますよ!」

ホテルの直ぐ裏は海。ぞろぞろと皆さんサンダルで夕日を見に行きます。
IMG_3429.jpg

風呂上がりは寒い。
震えているとホテルのスタッフがブランケットを配ってくれます。

またぞろぞろ帰って食事の続き。
IMG_3437.jpg

お腹いっぱい〜デザートも入らな〜い!
といいながら、ちゃんと頂きましたよ。

コリンシアンという意味?(読んでね)
IMG_1111.jpg


疲れたけど素敵な一日でした。
IMG_1114.jpg

グッドナイト!

スポンサーサイト

Category :
Posted by meriko on  | 6 comments  0 trackback

6 Comments

freecat2828 says...""
プチホテル「コリンシアン」ではかなり満足できたようでよかったですね~
北海道の離島は一回も行ってないので興味深く記事を拝読させていただきました。
やはり猫はどこにもいるというか、島なら漁師が多いし当然でしょうね~
トレッキングといえども8時間はきついでしょう。
あまり無理しないでくださいね~
2014.07.01 20:46 | URL | #hdScUxTA [edit]
mayumi-pf says...""
時々
車にキャンプ道具積んで
キャンプ場にテント張ったり
キャンプ場じゃない所にテント張ったりしながら
難民キャンプのように移動して
最後にホテル(旅館)に泊るというのをやりますが
ちょっぴっと入るのが恥ずかしい感じになってました(見た目)
それもちょっと楽しいんだけどね~
2014.07.02 08:51 | URL | #- [edit]
そよ風 says...""
こんにちは
峠の分岐看板を読んで、当然8時間コースだろうね、と思いました。
ストイックだよねぇw
休憩所のウニ、おいしかったかなぁ。
夜は夜、昼は昼で、ウニ食べてもいいんじゃないの?と私は思いますw

夕食の途中で、夕日を見に出ていいなんて、素敵なサービスですね。
行かないと思いますが、HPチェックしましたw
2014.07.02 11:38 | URL | #GE1Q478A [edit]
meriko says..."Re: タイトルなし"
freecat2828 さん
利尻では山に登るだけで島内をゆっくり歩くことがなく、猫にも会わなかったのですが、礼文では何度も猫に出会いました。道路を横ぎるキタキツネかと思ったら猫だったとか。
8時間コース、花を見ながらなので楽しめました。島の西側はまた景色も違ったし。
まだあと3分の1残っているので、また来年です。

2014.07.02 16:36 | URL | #- [edit]
meriko says..."Re: タイトルなし"
mayumi-pf さん
え〜?mayumiさんもそんなことを?意外ですぅ(・0・)
わたし達はまさに難民状態。きっとすごく汗臭かったと思う。
8時間も歩いたらテント泊する気なんかおきません...
山の中なら当然テントしかないんだけどね。温泉もあるしおいしい食事もあるし(軟弱なんだ...)。
2014.07.02 16:42 | URL | #- [edit]
meriko says..."Re: タイトルなし"
そよ風さん(←島でも吹いていました♪)
ストイックって、また言われちゃいましたね(^^)
山屋って基本、Mじゃないかなって思う今日この頃。

いや〜休憩所のウニ、ぜったい美味しかったと思うの。もう7時間近く歩いたあとだから。
Oniの後ろでブーブー言ってましたもん。ウニも一期一会。そんな機会、もう二度と来ないかと...

是非いらして下さいな。
ウニと夕日が待っていますから!

2014.07.02 16:56 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yamanekomeri.blog.fc2.com/tb.php/378-03068e90
該当の記事は見つかりませんでした。