山猫メリのスケッチブック

ネコ、時々山登り、たまにスキー、外遊び大好き。

ネコのお留守番

 今回は留守の間、ペットシッターさんをお願いしていました。
シッターさんにきていただくのは3日間。

事前に打ち合わせしました。
yamanekomeri.blog.fc2.com/blog-entry-519.html

打ち合わせしても心配はつきない....
こまごまと注意事項を書き残して出発しました。

一旦出てしまうと、もう心配しても仕方ありません。
ネコ達はどうしてるだろう、と時々は思い出すけど。

さてその結果....
自宅に帰り着きドアを開けるなり、ってか開ける前から大声で呼びましたよ。
ささっと出て来たのはなっちゃん。

クークーは呼べど叫べど出て来ません。
探したらソファの裏側の更にその奥、ヒーターパネルの下に隠れておりやした(Q_Q)↓
その内に出て来てスリスリ甘えましたけどね。おかあさんに捨てられたとか思ったんでしょうね。

シッターさんの「お世話日記」から。
初日はなっちゃん、クークー二人してお出迎え。しかし直ぐにクークーは隠れてしまった。
3日間を通して、なっちゃんは常にゴロゴロスリスリで甘えまくり、ご飯ををねだる。じゃらし遊びにも熱中。
クークーはいつも遠巻き。
ご飯はいつも完食。(なっちゃんがクークーの分も食べたのかも?)
おおよそ以上のようです。

しかし、打ち合わせの時に隠れまくってたなっちゃんがねぇ\(◎o◎)/!
ご飯くれるのなら誰でもいいのね。

そんなわけで無事に過ごせたようです。
またお願いするかも。

あたしは平気よ。ご飯さえあれば。byなっち
IMG_3221.jpg 

おかあさんじゃないとイヤです(;O;) byクークー
IMG_3227.jpg

妹に言わせれば、なっちゃんは要領がいいんだって。
ふーむそうかも。



スポンサーサイト
Category : ネコ
Posted by meriko on  | 14 comments  0 trackback

母を見舞いに...

最終日。
松江出雲の観光をする仲間と別れ、予約していたレンタカーを借りに行きます。
母のお見舞いに行くのです。

介護付きホームに入居している母ですが、この帰省に合わせたかのように、1週間前から入院していました。
意識が遠のいて救急車で運ばれたというのです。ビックリ!
ヒヤリとしましたが一時的なことなので、大事をとって2週間の入院となったようです。

前日の登山の時と違って曇り空の山陰。
慣れた道を走ります。
実は入居しているホームより病院の方が近いのです。

2時間ほどで病院着。
実家の兄と広島の妹が時間を合わせて来てくれ、病院できょうだいが揃いました。
母は思ったより元気で一安心。
右目の視力が全くなく左目もぼんやり程度。
頭はしっかりしているんですよ。

小さくなった母(; ;)...ずっと手を握って話しました。
いっぱい話をしました....置いてきたネコ達のことも気にしてくれました。

「意識不明にはなっとらんよ、救急車の音も聞こえとったよ」と言い張っていた母^_^;
はいはい。娘よりしっかりしてるわ(^^ゞ

M:もう行くね。また来るからね。
母:わたしのことは大丈夫だからね。良くしてもらってるからね。気を付けて帰りんさいよ。
ずっと気にしていました。(泣けるわ)

ところで、今日11月13日は私の「●●回目」の誕生日です。
この歳になるとおめでたいってことはなくて、ひたすら「産んでくれた母に感謝する日」です。

おかあさんありがとう!

話戻って....
宍道湖の夕日を見たいので湖畔のホテルを取っていたのですが、あいにくの曇り空。残念だわ〜!
お料理は美味しくお部屋もステキで寛げました。

疲れからか眠れず、起き出して夜景を撮りました。
PB070271.jpg 


見ていて飽きません。
PB070276.jpg 


翌朝もちょっと曇っています。嫁ヶ島や遠くのやまなみも見える。
PB070277.jpg 

さあ帰ろう!
ネコ達が待っている。

朝一便に乗るので朝食は摂れません。
そしたらホテルでサンドイッチを用意してくれました。
飛行機の中でいただきましたが、何気ないサンドイッチなのにすごく美味しかった。
パンがいいのかな?

乗り継いで新千歳に帰ってきました。
千歳の上空からみると、一面真っ白!
後で聞くと前日に大雪が降って、何十便も欠航したとか。
滑走路周辺も雪山が出来ていました。

以上で旅のお話はお終い。
読んでくださってありがとう。



Category :
Posted by meriko on  | 8 comments  0 trackback

ふるさとの山〜三瓶山縦走

3日目は三瓶山縦走です。

三瓶山は、4000年前に噴火して形作られた山。
男(お)三瓶、女(め)三瓶、子三瓶、孫三瓶、大平山からなるファミリーの様な山々です。
私にとっての故郷の山は三瓶山。
子供の頃の遠足といえば、三瓶の西の原でしたから。

私たち北海道チームはAコース。つまり全てのピークを縦走する7時間コースです。
岡山時代にも全てのピークを縦走してて、初めてではない。
が......し・か・し...
体力が落ち、トレーニング不足が否めない今回はどうでしょう?

冷え込んだ朝、まだ暗いうちに宿舎の玄関に集合。
Aコースは7班に分かれて、リーダーを先頭に6時に出発します。
眠れなかったわりには体調も良くて、さくさく歩ける。良かった〜

宿舎から約1時間、自然歩道を歩いたところで、西の原分岐。
昨夜のうちに配られたパン弁当で朝食です。
PB050040.jpg


ここから扇沢に向かって登っていくと、少し色付き始めた広葉樹。
たおやかな縦走路。お喋りしながらの楽しい歩きです。

最初に登るピークは子三瓶山 
PB050050.jpg 


その次に孫三瓶と続き...
PB050044.jpg 


アップダウンを何度も繰り返し....
PB050248.jpg 

花もまだ咲いています。
リンドウも。
PB050243.jpg


マツムシソウ
PB050059.jpg 


イヨフウロだそうです。エゾフウロよりも花脈がはっきりしています。
PB050057.jpg 



大平山の頂上です。
親子連れが何組も休憩しています。
ここには東の原から観光リフトがあり、手軽に登ってこれるんですね。
PB050249.jpg

少し早いけど、ここでお昼です。
お茶とお弁当が配られました。
コースの途中でお弁当が配られるなんて、前代未聞!
至れり尽くせりだわ〜\(^O^)/


な、なんと、お弁当はリフトで登って来たのです!
とっても美味しいお弁当でした〜ありがとう♪


さて、お次は女三瓶山。
ここにはテレビ中継用の電波塔が立ち並んでいて、山らしくない頂上。
PB050251.jpg


さっさと女三瓶を通り過ぎ....
最後の男三瓶に向かいます。
PB050255.jpg 


男三瓶までは急な岩場もあったりして、でも危険というほどでもない。
PB050077.jpg


男三瓶の頂上も広い!
記念撮影のはずなんですが、なかなか集合できません....
PB050086.jpg

ちゃ〜んと歩けたよ!
最後の男三瓶から下山し、宿舎に着いたのは14時35分。

7時間の予定が8時間半もかかりましたが、不安なく歩けたのは、いいリードをして下さったリーダーのおかげです!
ちょっと暑いくらいでしたが、1日中いい天気の登山日和でした。
楽しい縦走登山でした〜


三瓶からはバスに乗って松江に戻ります。
閉会式と交歓会が待っているのです。


さて交歓会。
たくさん歩いたのでお腹もすいたていたし、喉も渇いていたので、食事もビールも美味しくいただきました♪
いっぱいお喋りし、飲んで笑って...

アトラクションは郷土芸能「石見神楽」です。
出し物は八岐大蛇(やまたのおろち)です。
PB050103.jpg 


スサノオノミコトが八岐大蛇に狙われたクシナダヒメを救おうと戦うという。
強いお酒を大蛇に飲ませ、酔っ払ったところを剣を振り回して退治するのです。
大蛇の目は光るし、口からは火が出るしそれはそれは迫力でした。

IMG_3190.jpg 

IMG_3192.jpg 

PB050093.jpg 


最後の大蛇。
IMG_3204.jpg 

舞いは激しく、大変な迫力です。
驚いたのはこの舞い手の中に、三瓶山をリードして下さったリーダーが3人も含まれていたそうなんです。
山をリードするのも大変なのに、面を被って舞うんですから、驚きの体力ですよね!

というわけで、無事終わった登山大会でした。
皆さん、本当にありがとうございました。

Category : 道外の山
Posted by meriko on  | 4 comments  0 trackback

松江で

今回は帰省というより全日本登山大会参加が主で、そのついでの帰省という感じでした。
前夜松江入りした翌朝、12時の開会式までは時間があるので、松江城に行くことに....

駅前のイベントホールに荷物を預けに行き、ちょうどやってきたレイクラインバスに乗ります。
レイクラインバスは観光見所を巡ってくれる、オシャレなバスです。
一日券を買うと、各所の入場料が団体扱いになり、とてもお得♪


もう遠い昔に訪れたきりの松江城。
PB040213.jpg 


ちょうど菊花展をやっていました。
PB040215.jpg 


松江城は去年、お城としては5番目に国宝に指定されたのです。
PB040007.jpg


美しい佇まいです。

とても賑わっていました^^
PB040021.jpg 

滑りそうに磨かれた階段を上がり...
天守に登ってみます。


松江の街は本当に美しい!
PB040012.jpg 


目の前の瓦屋根は歴史館。上級武士のお住まいだったとか。
PB040226.jpg 

お城を見学した後、まだ少し時間があるよ。
堀川遊覧船に乗りたい〜〜〜

1周50分だそうです。
12時までに帰ればいいんだし。お昼食べなくても何とかなるんじゃ?

実はOniは堀川巡りをしたことがあるのです。
何故かというと....
以前、姪が松江で挙式しましたが、私たち女性陣が着付けをしている間、ヒマな男性達は遊覧船に乗って堀川を巡ったのです。

そんなわけで、私は初めての遊覧船。
手漕ぎじゃなくて動力ですが、船頭さんのジモッティーならではの楽しい解説で内堀から外堀を進みます。

PB040235.jpg 
 

低い橋の下を通る時は屋根が下がってくるので、みんな頭をうんと低くします。

武家屋敷をお堀から眺めるのもまたよし。
PB040232_20161111162332a42.jpg 


アオサギが逃げもせず、じっと待ちの姿勢!
IMG_3125.jpg 

一周して戻ってきました。
PB040237.jpg 


さあレイクラインバスで松江駅に戻らねば....
時間がなくなり、運転手さんに聞いて途中で下りて、徒歩で戻ります。


会場の松江テルサに到着。まだ仲間は来ていませんでした。
IMG_3136.jpg 


北海道からはフェリー組、飛行機&レンタカー組、そして最初っから飛行機組の私たち、全部で25名の参加です。
やっと全員が揃い、全国から他の参加者も揃いました。
全国で170名位?あと島根県岳連のスタッフ大勢。

開会式の前のアトラクション、安来節とドジョウ掬いが披露され、ひとしきり笑います♪
PB040238.jpg 


開会式では日山協、県知事、市長など、お偉い方達のご挨拶。
その後、明日登る山、三瓶山について、三瓶自然館サヒメル学芸員の講演。
全部終わって、あとはバスで三瓶まで移動です。

お腹空いたねぇ〜
結局お昼食べなかった....
出雲蕎麦食べたかったな〜出雲蕎麦といえば三段の割り子蕎麦。

三瓶山の麓、青少年交流の家に宿泊です。
明日の朝は早い。私たちは6時出発だから。


早く寝ないと....と思うのだけど、なかなか寝付けません。
昨夜のしんじ湖温泉のホテルでも眠れなかったし。

仲間のS女史も眠れない様子。
同室の方達はスヤスヤと寝息。

結局、寝たのか寝なかったのか分からないような夜でした。
緊張してたのかなぁ...


ーーーーー3日目に続きますーーーーー





Category :
Posted by meriko on  | 10 comments  0 trackback

島根へ

おかしなことになっていたので、編集し直しましたm(__)m

羽田空港の搭乗待合室で。


遠くに富士山が見える! IMG_3078.jpg




出発の日、北海道は大荒れでした。
夕方4時の便なのでのんびりしていたところ、「悪天候で調整中」のメールが来て、大急ぎで空港に向かったのは1時過ぎ。
おかげで14時の便に振り替えてもらえた。

16時の便も遅れに遅れたため、羽田で出雲便に乗り継ぐことは出来ず、途方に暮れたでしょう。
新千歳空港はみぞれ模様だったのに、東京は暑いわー
松江も暑いのでしょうか?


やっと飛び立って...
IMG_3110.jpg



東京湾です
 IMG_3114.jpg





松江の上空です。
IMG_3116.jpg


今頃うちの子らはどうしてるかな...

Category :
Posted by meriko on  | 8 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。