山猫メリのスケッチブック

ネコ、時々山登り、たまにスキー、外遊び大好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by meriko on  | 

チコリの花!

秋になって目立つ野の花はユウゼンギク。
これは栽培種が野生化したもので、濃いピンク、青紫、薄紫など、いろんな花色が友禅模様のように美しい。


国道12号線を走る。
江丹別付近で道路沿いに青い花を見掛けたのは去年の今頃。
ユウゼンギクとは違う青い花。

ちょっと止めて!

なあに?この花。
IMG_2980.jpg 



歩道の脇で...



あとで調べたら、これは「キクニガナ」でした。

キクニガナ。
確かに黄色い花のニガナとよく似ています。
で、もっと調べると、びっくりなことを発見!


なんとキクニガナはチコリの花でした〜((((;゚Д゚)))))))

そう、サラダボートにするあの西洋野菜のチコリです。
チコリが野生化したのがキクニガナだったとは!
想像つかないよね。


つまり軟白栽培したのが、店頭に並んでいるチコリ。(←といっても、ここらのスーパーじゃ見掛けませんが)
軟白栽培ってあの白いウドと同じですよね。



可愛い花だね♪
IMG_6759.jpg 


野生化しているといっても、北海道ではどこでも目にする訳じゃない。

いろいろググってたら、なんと屋久島でも咲いているとか!
ヨーロッパ原産だとか、北海道でも野生化するくらいだから強健なのでしょう。
やはり、帰化植物は強いです。


ユウゼンギクも可愛いくて強い。
P9290192.jpg 


新しいことを知るのは本当に楽しい!
それを感じさせてくれたチコリの花でした♪







スポンサーサイト
Category :
Posted by meriko on  | 6 comments  0 trackback

紅葉の大雪高原沼めぐり

先日、緑岳からの下山ではまだ少し早かった紅葉。
高原温泉でちょうど見頃らしい...
紅葉時期、沼めぐりはすごい人と聞いているので、見たいとは思っていても避けていました。

一度くらい行ってみる?
という訳で昨日、早起きして出掛けました。

8時過ぎに高原温泉駐車場に着くと、あらら、すごい車です!
一瞬ひるんだけど、せっかく来たんだし、まあ山の中では分散するでしょう。

例の通り、ヒグマ情報センターでレクチャーを受けてから出発です。
台風で登山道が壊れて一周できなくなり、左回りで空沼までしか行けないそう。

ミネカエデの黄色でライトが付いているように明るい森の中。
IMG_6635.jpg 


ヤンベタップ川を渡ると、沼巡りの始まりです。


バショウ沼



滝見沼
IMG_2914.jpg 



緑沼
IMG_2921.jpg



エゾリンドウとウラジロナナカマドのコラボ
IMG_2923.jpg 


小さな橋を渡ると湯の沼
IMG_2928_201609282025171bb.jpg 


えぞ沼だったかな?
IMG_2950.jpg 



ああキレイだねぇ〜としか出て来ません...
IMG_2957.jpg 


真っ赤!
IMG_2959.jpg 


壁が見えています。6月には真っ白な雪壁だったのに...
IMG_2954.jpg 


大学沼で一休み
IMG_6707.jpg 



そしてここは高原沼。正面の山は緑岳。
今日もたくさんの人が登っているでしょう。
IMG_2961.jpg 


ハイオトギリの葉も紅く..
IMG_6688.jpg 




来年もまた、6月の末に来ようっと...
IMG_6684.jpg 

あとは空沼に向かいます。
分岐をすぎてから空沼に降りてみます、

へっ?これが空沼?
IMG_2977_20160928202743316.jpg 

そう、秋になると水が涸れるから空沼だった(*゚Q゚*)

ここ空沼で最後です。
残念なことに一周は出来ないので、ここから元来た道を引き返します。

紅葉を堪能し、高原温泉まで戻ったのは1時過ぎ。
高原沼の紅葉は日本一だとか。
日本一かどうかは知らないけど、うわさ通り本当に美しかった〜
でも人が多すぎた....


本当はもっともっと美しいのです。
ただ腕もカメラも悪くてね(´・_・`)


ちなみに6月はこんなでした。
yamanekomeri.blog.fc2.com/blog-entry-486.html




Posted by meriko on  | 6 comments  0 trackback

赤、白、緑の3色登山

秋分の日、紅葉を求めて大雪に行って来ました。

3色登山とは、赤岳、白雲岳、緑岳(松浦岳)で3色になるから。
ここに黒岳が加わると4色になるけど、日帰りはちょっときつい。
なので銀泉台から赤、白、緑の順に登り、高原温泉までの一周です。

台風で決壊した高原温泉への道路が修復され、シャトルバスが4日間だけ運行します。
銀泉台線も21日までマイカー規制のため、レイクサイトからシャトルバスに乗ります。
レイクサイト6時の始発を待っていたら、なんと15分前に出発してくれた!ラッキー♪

それにしてもすごい人でした。
冷え込んだので、フリースを着込んでフリースの帽子も被って、しっかり手袋もして歩き始めます。

いい天気になりそうです。




白いのは霜です。
IMG_6519.jpg 


どうしたことか、銀泉台の紅葉はイマイチ。
雨がずっと続いたからね....
P9220194.jpg 




日陰は霜柱
IMG_6542.jpg 



クロマメの葉が霜化粧しています。
IMG_6556.jpg 


第一花園をすぎます。
P9220202.jpg 




屏風岳とその後ろの武利と無加
谷を埋める層雲
P9220197.jpg 


順調に登って、赤岳。
P9220222.jpg 


人がいっぱい!
こんなに人が多い山は久しぶり。

これから向かう岩岩した白雲岳と、その奥の旭岳。
P9220224.jpg 

なんだか全然赤くないね....


小泉分岐を過ぎ....P9220229.jpg  


白雲分岐も休まず....
ここを登り切れば白雲岳。
P9220231.jpg 


ですが....


白雲岳頂上からの旭岳、ちっともキレイじゃないヾ(℃゜)々
P9220232.jpg 



今の季節だと、ハイマツと紅葉と岩が、グリーン、赤、グレイのストライプ模様を織りなして、それはそれは美しいのです...
楽しみにしていたのに、ガッカリ。



トムラウシは頭だけ覗かせています。
P9220233.jpg 


さあ最後の緑岳に行きましょう。


見上げた空には内暈(ないうん)が!
P9220236.jpg 

お天気が崩れる前触れで、うちがさとも言うそうです。



さて小泉分岐から緑岳に向かうと...
ここらでは構造土が顕著に見られる、とOniが言います。


P9220238.jpg 


構造土って?
Oniが説明してくれ、フムフム。
ですが、また忘れちゃう。


緑岳に向かう途中、真っ赤になったウラシマツツジが!
P9220242.jpg 



真っ赤♪
P9220244.jpg 


向こうはさっきまでいた白雲岳
中央に白雲避難小屋も見えます。
P9220246.jpg 



緑岳で、あらまだ12時過ぎ。
意外と早かったね。

トムラウシも見えなくなりました....
P9220248.jpg 


高原温泉に向かって下山します。
P9220251.jpg 




谷も紅葉していますが、いつもの美しさではない....
P9220252.jpg 


岩ゴロゴロの急斜面は慎重に、あとは人を追い越しながらどんどん下ります。


下の方では色付きはこれからというところかな。
 IMG_6616.jpg 



緑岳から1時間40分で高原温泉に到着。
道が暖かい〜〜〜
P9220254.jpg 


レイクサイト行きのバスは30分おきに出てて、14時発のバスに間に合いました!
予定より1時間早かった♪

紅葉時期の大雪は人がいっぱいだし、肝心の紅葉もイマイチだったけど、最近歩いていない私は楽しかった。


今日はOniがルスツのトレランのお手伝いに行き、私は留守番。写真見ながら思い出しています。
やっぱり歩くのが一番。
それが最高のストレス解消だね♪


山で内暈を観察した通り、昨日は雨でした。
寒くて寒くて、初めて暖房を使いました。
大雪の初冠雪は来週あたりかな。






Posted by meriko on  | 8 comments  0 trackback

一雨毎に秋が深まる......

昨夜の雨が上がり外に出てみると、すっかり涼しくというか肌寒くなってきました。
台風に翻弄され、山に行かないうちに秋本番がやってきます。


例のクレマチス・チネンシスがほぼ満開です。もう咲かないかと思ってた。よかった〜
P9160190_201609181134298c5.jpg 



咲き終わっていたピンクアイスバーグがまた咲き出しました。
P9180192.jpg 


暑いのは苦手だったんだね。
うどんこ病も黒星病もなくなったようだ...


テンナンショウが赤い実を付けて...
P9180193.jpg 



ヤマボウシの実が色付いてます。
P9180199.jpg 



造園屋さんが『子供の頃、ヤマボウシの実を競って食べたんですよ』というのです。
食べてみました。
まああんまり美味しくはないけど、ほんのり甘いです。

もっぱら野鳥の餌になります。
いつもヒヨドリが集団でやってきます。


今朝はメジロの集団が来ていました。分かるかな?



窓越しの撮影なので、上手くは撮れません。
外に出たらあっという間に飛び去っていきました。

野鳥がくるたび、ネコ達が窓辺を右往左往。
あなた達には無理なのよ。



さて、今日はOniが山に行ったので、今夜は女3人の天下じゃ〜o(^▽^)o
宴会宴会!









Category : 野鳥
Posted by meriko on  | 10 comments  0 trackback

ネコの体脂肪率を測る

以前、動物病院で順番を待っていた時のこと。
待合室のビデオで犬猫についての様々な情報をながしていました。
その中で「猫の体脂肪率を測る」というのがあって、ピンときました。

やってみよう!

なにしろすくすくと育ったなっちゃんの体型が気になっていたのです。


猫の体脂肪率って....人間用体組成計で測るのなら簡単なんだけど....
脚の長さと胴回りを測り、その数値を対照表に照らし合わせるのです。
数値が30%以上だと肥満だそうです。

詳しくはロイヤルカナンのHPに載っています。
http://www.royalcanin.co.jp/new/health_nutrition/health/obesity/check-win02.html


いや〜でもね、なっちゃんがおとなしく測らせてくれる訳がない。
予行練習したクークーでさえ上手くいかなかったのに。

案の定、おとなしくしているはずがありません。
メジャーを見た途端、「あっ!それなになに〜?欲しい〜ちょーだい」ってな具合。
じゃれついてお話になりません。

仕方がないので、熟睡している時にやってみました。
そおっとメージャーを当てて測った数値は、脚の長さ17cm、胴回り41cm。

対照表では胴回りは2cm刻みなので、42cmで見てみます。
とすると、体脂肪率は29%。
微妙なところですが、かろうじて肥満ではないようです。
その一つ上だともう肥満になってしまう。


問題は寝ている状態で測ったので、ものすごく不正確。
近頃のなっちゃんときたら、それはもう抱っこしたら重くて....
低カロリーのフードに変えてからもう大分経つけど、クークーの残したのを盗み食いすること、お留守番の度に重くなること。


ちょっとぉ〜前見えないわ(by クークー)
IMG_2843_20160910100452b9b.jpg


どいてよ〜(by クークー)
IMG_2842.jpg


ペットの肥満は飼い主の怠慢。
来月はワクチンの月なので、正確な体重が分かると思うけど、やっぱり肥満だよね...
満腹中枢が壊れているとしか思えないなっちゃん、体脂肪率を測るの巻でした…>_<…






Category : ネコ
Posted by meriko on  | 16 comments  0 trackback

日本一危険な神社!?

道南せたな町の太田神社は北海道有数のパワースポットとか。
というのも、本殿は急峻な山の中腹にあり、参拝するには長くて急な階段や崖を登らないといけないらしい....
この話を聞いたのは先週、いつもの美容院でした。

『太田神社って行ったことあります?いや、すごいんですよ!
階段がものすごく急で、階段が終わるとまたものすごく急な山道なんですよ。でね、崖も登らないと行けないみたいで。僕ら途中まで登ったけど、脚がプルプル震えて、途中で帰ってきちゃいました。日本一危険な神社って言われてるみたいですよ』

へぇ〜〜そうなんだ、面白そう!
パワースポットっていうのに興味はないけど、崖の上の神社って登ってみたい!
というわけで行ってきました。

せっかく道南にいくのであちこち歩き回り、現地に着いたのはもう夕方4時を過ぎていました。

「マムシに注意」の看板が!(・0・)
P9110189.jpg

おぉ〜〜さすがにきつそうな階段。
IMG_2845.jpg

話によれば傾斜は40度位で、上の方は45度位だとか。まさかね、と思ってたけど、本当だわ...
おまけに踏面はとても浅い。

階段が終わって振り返り、これ、下りていけるの??
と、帰りの心配はさておき...

トラバースして浅い沢型をわたると、ごく普通の登山道。
P9110192.jpg


急だといっても山屋なんだもん、どうってことない。
P9110193.jpg


木々に囲まれた道の途中にお社があります。
P9110195.jpg

女人堂です。
その昔は女人禁制だったとか。

ずっと急傾斜の道が続き、岩壁が近付いてきて...
岩の下に鳥居がみえます。
P9110196.jpg


鳥居をくぐると森から抜け、一気に視界が開けます。
振り返ると海が!

でもえらく危険な場所にいる自分に気が付くのです(@_@;)

なんか、エル・カミニート・デル・レイみたいじゃん(←大げさな....)
IMG_6498.jpg


岩壁に沿って斜めになった頼りない橋を登っていきます。
P9110200.jpg

お、これが聞いていた鉄鎖。
P9110201.jpg

7〜8mの垂直の壁。
これを登ると核心部は終わりらしい。


もっと引いて撮りたいけど、危なすぎるわ。
P9110202.jpg

「登っていいよ」の声が掛かり、私の番。
岩登りの基本三点支持。
取り付きはハングっぽくなっていて難しいけど、スタンスもはっきりしています。


登り切ってみると岩穴というか岩棚で、そしてそこには本殿が!
ここから更にトラバースして行くのかと思いきや....
え〜〜ここで終わり?
と拍子抜けなのでした。


小さいけど、立派なお社です。
P9110205.jpg


向こうに見えるのは奥尻か?
陽が沈むのももうすぐ。時間がないので早く下りよう.....
IMG_2846_20160912113903b44.jpg

先客の若い男性がお先に、と下りていきました。
うちらもお参りを済ませて下山します。

垂直の壁は鉄輪を使って慎重に下ります。
ここが終われば、あとはあの階段だけだからね。

森の中は薄暗くなってきて、ヘッドランプ持ってこなかったし、急ごう...
ところが途中まで下りたら、まだカップルが一組登ってくるじゃありませんか。ビックリ!
気を付けてね〜

さて階段のところまで来ました。
P9110212.jpg

前を向いて下りるのは怖すぎるので、ロープを持って半身の格好で下りることにします。
そしたら上手くいきました。

登り43分
下り30分

もう日は沈んでいきます。
あのカップルは足元大丈夫だったかな?

せっかく登った私たち、何をお参りしたかというと、
無事下りられますように、だった....

この神社は太田山を見上げる海岸に遙拝できるお社があるのです。
なので、登れない人はそこでお参りできるんですね。

とても面白い体験でした。



Category : いろんな事
Posted by meriko on  | 12 comments  0 trackback

クレマチス・チネンシス

連続して襲来した台風のせいで山どころじゃなくなり、南アルプスも計画倒れに終わりました。
もうすっかりやる気が失せ、体調までおかしくなったmerikoでした。

でも9月ももう半ば。
いつまでもガッカリしてもいられませんよね...


9月ともなればさすがに気温も下がって、今朝は20度いってなかった。
ちょっと肌寒い気もします。
花もなくなって庭は淋しくなりました。


雨風に晒されて、花弁が痛んでしまったシュウメイギク。
P9100195.jpg


無数の蕾をつけているのはクレマチス・チネンシス。



台風にもめげず、やっぱり原種系は強い..
3センチ位の妖精のような愛らしい花。
IMG_6477.jpg


クレマチスが好きで、何種類か育ててますが、チネンシスは初めてなのです。
去年、園芸店で300円で投げ売りになっていたのをゲット!
おかあさんは買い物上手だニャ〜>^_^<(byなっち)



気温も下がったのに、全部咲くのかしら?
P9100193.jpg



紫の大輪のクレマチスは、実を付けています。
P9100199.jpg



ああ本当の秋も直ぐそこ。
頑張らないとね。



Category :
Posted by meriko on  | 7 comments  0 trackback

様子見に行きました

台風のせいで林道はもちろん、JR線、国道、道道などズタズタです。
日高の国道の橋が落ちて、日勝峠が通行止めになってしまいました。

その落ちた橋近くの建物が半分流されたという情報が入り、ビックリ!
私たちが拠点としている小屋(といっても古い家)もその近くにあるのです。
長老から連絡があり、Oniが様子見に行くというので、同行しました。

車窓から見る沙流川は、川幅も広がり濁流となっています。
やっぱり国道の車も少ないな。

通行規制しているところで、係員に理由を説明しました。
「橋のこっち側ならいいですよ。気を付けて」と通してくれました。
「ありがとうございます」
橋落ちてるんだもん、こっち側に決まってるじゃん、などと心の中で突っ込みを入れながら。


小屋は無事でした。
小屋の前まで車で入れました。
外は水が流れた痕があり、水道のメーターが流されていました。
浸水はなく内部は大丈夫でした。
いくらボロ小屋といえど、浸水したら大変だから。

持っていったカメラが不調。
近くには行けないので、スマホのカメラでズーム。
邪魔にならないよう、離れたところから撮らせてもらいました。


調査やら何やら、大勢の人がいます。
報道関係の人もいるようです。
IMG_2813.jpg


その落ちた橋です。
IMG_2823.jpg


傍に建つ地区の建物。土台が流されて後ろがなくなっています。
image2.jpg


ここはいつも便利に使わせてもらっていたのです。
地区の人達も心配そうに見に来ていました。


新年山行のときに初詣、1年の山行の無事を祈った神社。
IMG_2820.jpg


あまりの被害を目の当たりにして、本当にショックです。
気の重くなった帰り道。

今回は十勝が大ダメージを受けたようです。
幾つもの橋が流され、大きな川が氾濫し、収穫間近のビートやトウモロコシが...
農家さんの嘆きを思うと、涙が出てくる...


お父さんどこに行ってたの?
IMG_2835.jpg








Category : いろんな事
Posted by meriko on  | 13 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。