山猫メリのスケッチブック

ネコ、時々山登り、たまにスキー、外遊び大好き。

知床にいってきました。

またまた1週間遅れの記事です...(^^ゞ
先週のこと、天気予報で道東の晴天が続く日を選び、知床に行って来ました。
もう一度シレトコスミレが見たくて。

約440kmを交替で運転し、岩尾別登山口に到着。
百名山で人気の羅臼岳は、ほとんどが岩尾別からのピストン、縦走組はあんまりいません。
重い荷物が肩にこたえるけど、それよりもこたえたのは暑さ!
湿度も高く、風もなく、涼しい苫小牧とは大違いです。


大沢の雪渓がいつもよりずっと少ない。
IMG_6326.jpg

初めてかも?こんなに少ないの。
軽アイゼン持って行ったけど、使わなかった。

オホーツクの海と知床五湖が見下ろせます。
IMG_6329.jpg

陽射しから逃れることが出来ない羅臼平。
もう暑くて暑くて...

怖そうなおっちゃん...
P7250197.jpg


カメラと水だけ持って羅臼岳へ。


見下ろす知床峠と羅臼湖。苦労して登った遠音別岳や海別岳。
遠くは阿寒の峰々や藻琴山も望めます。
P7250201.jpg


反対側の三峰やサシルイ岳
羅臼側は雲海の下。雲の上に見えるのは国後の爺々岳。
P7250204.jpg


羅臼平に戻り、お花畑の中を三峰に向かって登ります...
P7250206.jpg

ますます暑くなってくる.....

三峰から見る羅臼岳。さっきまであのてっぺんにいたんだ。
P7250207.jpg


三峰キャンプ地、まだ12時半。
時間はあるけど、炎天下のサシルイを登って二つ池まで行く元気はない。


ここで泊まることにします。
IMG_6368.jpg

水が心配だったけど流れていました。安心♪
早速ビールを冷やしておきます。
夕方まで散策と写真撮り。

テント場から少し離れた場所に、ヒグマ除けのフードロッカーが設置してあり、食料とかゴミとかコッヘル等をしまっておきます。
ここからはオホーツクの海が見下ろせるのです。
なかなかいいわ〜♪

カレー&トマトワカメサラダ、チリコンカンの夕食。
食べると元気が出てきます。

オホーツクの海に落ちていく夕日を眺めながら、まったりと過ごす至福の時。
P7250214.jpg

さて、明日どうする?という話。

M:Oni、縦走してきたら?私が車を回してあげるから。
O:明日下りよう。ヘリのお世話になっても困るし。

ヘリのお世話って...(Oniは私がいつになくバテバテだったので、心配していました。)
結論:朝が来たら撤収して下山しよう。来年のもっと早い時期にシレトコスミレを見に来よう。

この夜はウチラだけかと思ったけど、夕方5時半頃に5人パーティーが到着。
静かだった夜。
すごく疲れていたし、前夜寝不足だったこともあって、夜中起きることなく爆睡。

翌朝、雲海です。
P7260225.jpg

朝ご飯が終わると撤収。
さあ下りましょう。

昨日は花の写真を撮る余裕はなかったけれど、今日は楽しみながら行こう...

ミヤマサワアザミ
IMG_6426.jpg


エゾツツジ
P7260237.jpg


三峰に向かって登っていくと...
P7260231.jpg


ずっとお花畑です♪
P7260235.jpg

途切れることがありません。
IMG_6427.jpg


IMG_6414.jpg


昨日どこかで落としてしまったサングラス(;O;)

ミネズオウの中で発見!偶然です♪
IMG_6413.jpg


チシマクモマグサ...
IMG_6356.jpg

お馴染み、エゾノツガザクラとコエゾツガザクラ
IMG_6349.jpg


IMG_6348.jpg

花の多さは大雪を凌ぐかも♪

羅臼平からはまたまた人がいっぱい。
朝早いので、下山組はまだいません。

終わりに近いころ、登山道から僅かに外れた場所に岩場があり、初めて登ってみました。

おお〜〜!この場所こそ、展望台の名に相応しい〜
ミヤマラッキョウがすっくと立っています。
IMG_6458_20160801154956752.jpg

花もありました!

ホタルサイコ。お初にお目にかかります♪
P7260258.jpg


モイワシャジン
IMG_6457.jpg


エゾノカワラマツバ
P7260259.jpg


最後の締めはクルマユリ♪
P7260266.jpg


岩尾別の登山口に着いたのはまだ10時前。
早すぎて、ホテル「地の涯」ではまだ入浴できません。
そこでOniは露天風呂に入りにいきました。
さすがに私はパス。

帰りは雨、長い長い道のりを交替で運転して戻りました。

今回はとにかく暑さにやられたのが敗因。
熱中症気味になっていたのは確かです。
あれだけ注意していたのに....

3年ぶりの知床だったけど、また来年、もっと早く、暑くない日にスミレを見にいこう。
固く決心したのでした。

スポンサーサイト
Posted by meriko on  | 6 comments  0 trackback

野鳥の卵は色とりどり

先週行った原始ヶ原で、テント場を目指してヤブ漕ぎしている時、思いがけないものを発見しました!
それは...

笹の間にぶら下がった野鳥の巣。
中には青い色の卵が!
なんときれいな色!
ウズラの卵よりかなり小さい。

取りあえずスマホで写真を撮り、急ぎその場を離れました。
親鳥が心配しているでしょうから。

帰ってから調べてみましたよ。

コルリの卵のようです♪
IMG_2701_201607291149486b0.jpg


そして去年の春、日高の低山でヤブ漕ぎしていた時、同じように野鳥の卵を発見!
チョコレート色っていうか赤茶色っていうか....きれいな色です。

なんと、ウグイスの卵でした〜
P5230269.jpg


次のはヤブ漕ぎ中に見つけたんじゃありません。
庭の片づけをしていた時、ブロックをどかしたら...あ〜ら巣が!


シジュウカラの卵でした〜
P5088267.jpg

真ん中のは石です。
卵は9個、シジュウカラは子沢山らしいです♪
ブロックを元に戻したのはいうまでもないけど、結局この卵たちは孵りませんでした。

野鳥の卵って色とりどりなんですね〜〜
あんまり見る機会はないどね...



Category : 野鳥
Posted by meriko on  | 8 comments  0 trackback

富良野 原始ヶ原散策

大騒ぎしたクークー骨折疑惑事件でしたが、すっかり元気になりました。
皆さまにご心配をお掛けし、本ニャンともども反省しております。<(_ _)>

さてさて元に戻って一安心の昨日、少し歩きたいと思い、出掛けてきました〜

富良野岳原始ヶ原コースはもうずいぶん前に行ったきり。
なので原始ヶ原から登ってこよう。
人気の富良野岳ですが、ほとんどの人は十勝岳温泉からのコースを選びます。

早起きして登山口となるニニウの森にいくと...
あらら曇っていますよ(;。;)
山はまた天気の良い日にしよう...というわけで、原始ヶ原散策に切り替えました。

原始ヶ原を歩くには長靴が一番。
熊フン点在の登山道を行きます。

途中の「天使の泉」は美味しい水が湧いています。



三ノ沢に向かって下りていきます。広原の滝。
P7220192.jpg

苔生した美しい流れ。三ノ沢を渡ります。
P7220193.jpg

かわいいマタタビの花。
P7220196.jpg


対岸の急な斜面を登ると、もう原始ヶ原入口。
P7220197.jpg


アカエゾマツに囲まれた静かな湿原。
IMG_6275.jpg


ここはその昔、蝦夷地を探検した松浦武史郎が通ったんだそうな。
IMG_6256.jpg


おや、面白い形の鐘がありますよ。
いい音だね!
P7220205.jpg


覗いてみたら、あはは♪ 炊飯器の釜でした\(^O^)/
P7220204.jpg



ワタスゲがいっぱい穂をなびかせています。
P7220222.jpg


風に身を任せて飛んでいくよ♪
P7220218.jpg


ワタスゲの中のピンクは何?

あ〜ら、トキソウではありませんか!
IMG_6284.jpg

いっぱい咲いています!
初めて見るので大感激♪


他にもモウセンゴケや...
P7220221.jpg


ヒメツルコケモモの小さな花...
IMG_6287.jpg


おや?少し霧が晴れてきました。
P7220235.jpg

富良野岳が望めるか?
でもやっぱり姿を見せてはくれませんでした。
P7220238_2016072315533036a.jpg


さて原始ヶ原に行きたかったのには理由がありまして...
実は今年の4月と去年の5月、雪の原始ヶ原でテント泊してたから。

昨年の春合宿、会の仲間とスノーシューで大麓山、トウヤウスベ山。
今年の春、Oniと2人、スキーで境山。
2回もテント場にした五ノ沢を見てみたかった。

今年4月の原始ヶ原です。
P4270107.jpg


GPSでテン場まで行ってみようとしましたが、すごいヤブ漕ぎ!
あきらめましたよ...
雪のない時期、湿原はともかく、アカエゾマツの林の中は笹藪に覆われて、とても歩けたもんじゃないです...

もう帰ろう。ネコたちが待ってる。
帰りは滝コースを選び、えらく時間が掛かって駐車場まで戻りました。

熊にも人にも会わない静かな原始ヶ原。
山もいいけど散策も楽しい♪
満足な一日でした。




Posted by meriko on  | 8 comments  0 trackback

クークー 骨折した?

昨日の朝のこと...
前日は登攀研修でした。
久しぶりのクライミングの研修で、すごく疲れて爆睡していたその朝、ギャ〜〜という悲鳴!
飛び起きましたよ、クークーの悲鳴で。

またなっちゃんに追っかけられたな...
ですが、いつもの「イヤ〜〜、やめてぇ〜」程度の声じゃなく、それは激しい悲鳴だった。

時計はまだ5時。
「クークー、まだ早いから寝ようね。」と抱き上げたら....
痛い〜〜〜って感じで、すごく痛がるんですよね。

階段はもちろん、自分のベッドが置いてあるソファの30cmの高さにも上がれない。
トイレにも入れないので、抱き上げて入れてやらなければならず、そのたびに悲鳴を上げて痛がるし...
歩く時、右の後ろ足を引きずる感じもある。

クークー、骨折したの?捻挫?(;O;)
ネコなのに?

多分、ふたりしてキャットウォークに上がっている時、なっちゃんに通せんぼされて、クークーが落ちたんじゃないかと。
キャットウオークは高さは2m70cm、幅13cmの平均台みたいな形状で、クークーが登るとなっちゃんが「あたしもあたしも」とばかりに追いかけるんだよね...


昨日は祭日で休診だったので、今日病院に行くことにしました。
そして病院に行くために、上から入れるタイプのキャットキャリーを買って来ました。
うちにあるキャリーは二つとも、サイドから入れるタイプなのです。

休み明けで病院は混んでいました。

緊張しています。



さてさて長いこと待って順番がきました。

まず診察台で触診され、歩く様子を確かめるため床に下ろされたクークー、
なんと、近くのパソコン台に飛び乗ったんです!
マウスとキーボードを踏みつけられて、先生のMacはスリープから目覚めました\(^O^)/

クークー、どっか痛かったんじゃないの?

先生は...
骨折、捻挫、靭帯損傷などなど、そのどれでも決してこんなに歩けませんよ。
まして、この高さまで飛び上がることは出来ません。
身体のどこかを打って痛かったんでしょう。人間だって打ち身はしばらく痛いでしょ?
心配要りませんよ。だってさ...

痛み止めのお薬を出しておきますから。

というわけで、5日分の痛み止めの飲み薬をいただいて終了となりました〜
良かった良かった〜。

「心配させやがって...」とOniのつぶやきでした〜。






Category : ネコ
Posted by meriko on  | 16 comments  0 trackback

夏野菜と夏の花

雨の被害が出ている九州ほどじゃないけど、雨が多くて低温傾向だった6月。
7月に入っても気温が上がらなくて、この夏どうなるの?
と思ってたら、月曜日から爽やかな夏らしい日が続いています。

やっと今日、網戸も入れました。
うちの網戸は着脱式で、夏の初めに取り付けて夏が終わると外すんです。
扇風機も出さなきゃね。


やっと夏野菜が成長してきました。
キュウリは一つだけ収穫できそう〜(^。^)



ズッキーニも次々いけそうです♪
IMG_2636.jpg

でも、まだまだ足りない気温と日光。
ミニトマトのアイコちゃんも枝豆ちゃんも全然ダメです。
まあ素人だもん、仕方ないよね。

お隣の畑は本物の農家さん、いろんな野菜がグングン伸びていますよ。
さすがだね〜\(^O^)/


さて、夏の花も次々と咲き出しましたよ。

ホザキナナカマドとか....
P7130199.jpg


つるバラとか...
P7130198.jpg


ヤマアジサイも。
P7130202.jpg


おかあさん、あたしという花を忘れてない?(-_-;)
P7120195.jpg

なっちゃん...(@_@;)

そういえば3年前の7月、参院選の投票日に譲渡会に行ったんだよね....
手のひらに載るほど小さかった茶白の仔。
家の子になって3年、身体も態度も大きくなったなっちゃんでした〜(^◇^)




Category : 菜園
Posted by meriko on  | 10 comments  0 trackback

今年もハスカップ採り

また今年もハスカップの季節がやってきました。

ハスカップとはなんぞや?
ハスカップはクロミノウグイスカグラという名の、スイカズラ科の植物。

春にクリーム色の花を咲かせ、初夏にブルーベリーに似た青い実をつけますが、ブルーベリーと違いツツジの仲間ではなく、スイカズラ科です。
P7040189.jpg


北海道では勇払原野など冷涼な場所に自生していて、昔の人は季節になると、こぞって実を採りに行ったんだとか。
で、タケノコ採りのように行方不明になる人もあったようです。

我が家にも3本のハスカップがあり、引っ越してきた時、お隣のおじさんから「植えときな」といってもらったのが、背丈くらい大きくなっています。
原種系なので、実はちっちゃくて酸味が強いので、生食には向かないかな。
おまけに手入れも悪いときてるので、毎年せいぜいボウル一杯程度しか採れません。

ところが昨年秋、株元に堆肥を鋤き込んでやったら、なんとまあ植物って正直です♪
今年は鈴生りの実を付けました。でも酸っぱいのは同じ。
せいぜい頑張って採って、ジャムにするしかありませんね。

さて、家のは酸っぱいので、毎年、友人の妹さんがやっているハスカップ園に採りに行きます。
もうお客さんは入れてないのですが、有難いことに、ご厚意でタダで採らせてもらっているんでございます。(ばかに丁寧だね)
本当にいつもありがとうございます。

先週、仲間2人と行ってきました。

ここはハスカップ園の池。
ツツドリやカッコウが鳴き睡蓮が咲く長閑な風景。
IMG_2608.jpg


これがハスカップ畑。
IMG_2606.jpg

ハスカップ採りは根気です。
1に根気、2に根気、3、4がなくて5に根気、というくらい。
小さい実は潰れやすいし、触るとバラバラ落ちるし....

集中力が続くのはせいぜい3時間。
3人、お喋りも止めて頑張りました。


農園は涼しく、集中力も続いたので結構な収穫量でした♪
傷みやすいのですぐに冷凍庫に入れます。
これを毎朝ヨーグルトに入れていただきます。
あとはジャムにしたり、ジュースにしたり。


去年、冷凍庫にいれて安心したのも束の間、冷蔵庫が冷えなくなり、故障!(@_@;)
冷凍品全てダメにしてしまいました。
遠くへ送るつもりのハスカップもぜ〜〜んぶ解けちゃった。
苦労も水の泡と消えました。

でもって、最新の冷蔵庫買いました、エッヘン!


Category : いろんな事
Posted by meriko on  | 6 comments  0 trackback

礼文島へ〜花の旅の続き

礼文の2日目は8時間コースを歩きます。
スコトン岬から岬をめぐり、アナマ海岸に下りて道のない海岸を歩き、宇遠内へ。
そこから峠を越えて、香深井の集落まで。約22km

おととし歩いて気に入ったので、もう一度歩きたいと思ったわけで...
ただ昨日17kmも歩いたので、足が保つかなぁ...と心配です。
まあ取りあえず、車を林道入口にデポし、朝一番のスコトン行きのバスに乗りましょう。

途中の金田ノ岬にはゴマフアザラシがいます。
バスの運転手さんが速度を落として「アザラシがいますよ」と教えてくれます。
ゴマちゃんたちはそれぞれ岩の上で寝そべっています。

動くバスからだと写真は上手く撮れないので、後で撮りに行こう。

スコトン岬で幾人かのハイカーが下車、一番先に歩き出す私たち。元気なうちに歩きたいから....
ガスが掛かってちょっと肌寒い。

まず鮑古潭(あわびこたん)へ
P7010148.jpg

雨降るのかなぁ...天気予報は悪くはなかったけど...
P7010149.jpg


レブンシオガマ咲く道を行き...
IMG_6064.jpg


ゴロタ岬はガスの中です。○_○
IMG_6068.jpg


鉄府の海岸に降り立ちます。下は晴れてるね^^
P7010152.jpg

鉄府の集落では、一昨年も去年もネコちゃんをみかけたので、今年も?

ああやっぱりいました♪
IMG_2593.jpg

去年見たニャンコとは違うね。

待って〜〜〜
IMG_2594.jpg

海沿いの集落に、なぜかネコは似合う♪
IMG_2595_20160707142918c7c.jpg

さて、これからが長いのだよ....
行程は省略して花を紹介しましょう。


ハマボウフウの花。若葉は刺身のツマですが、今や高級品となった感あり!
IMG_6081.jpg

ここのハマナスは背が低くて、地面にへばりついる。風が強いせいか?
P7010154.jpg

こちらは淡紅色のハマナス
IMG_6084.jpg

ハナイカリ
IMG_6086.jpg

カラフトイチヤクソウ
IMG_6098.jpg

ウスユキソウ等々、いちいち載せてられません。
IMG_6100.jpg


長いこと歩いて脚が棒のようになり...滑りそうな斜面を下りていき...
IMG_6109.jpg

アナマ海岸に降り立ちます。
IMG_6113.jpg

ここから宇遠内まで道はなく、岩の上を飛び歩くのだ。
P7010174_20160707140849b24.jpg

宇遠内で。
ハマベンケイソウを見つけて....
P7010179.jpg


水色がキレイ。
IMG_6126.jpg

宇遠内からは泣きの峠越えとなるのです。
すっかり疲れ果てて休み休み。
愚痴っぽくなり、こんな道、もう二度と歩かないとか罵詈雑言。(-.-;)y-゜゜

ようやく峠の頂点に着き、休むかと思いきや、Oniは休まないのですよ!ウッソー!(-_-メ)
もう離婚だ!とかわめきながら歩きます。

そうして8時間10分の末、車に辿り着きました^^
前回より10分遅かった、その分歳取っんだよね。
今日の距離は21.5kmでした。
終わってみれば、あ〜楽しかったね。また来ようね。

その日は漁師さんがやっている民宿に泊まり、美味しくて心のこもったお食事をいただきました。
そして思いがけず2年前に出会った人に再会!

急遽来ることになり、2年続けて泊まったお気に入りホテルは既に満杯だったんだ...
仕方なく(ごめんなさい)ここにしたけど、ここに泊まってほんと良かったよ。
民宿って良いイメージがなかったけど、払拭できました〜

ところで夕方、宿に入る前に金田ノ岬にゴマフアザラシを見に行きました。

ゴマちゃんは思い思いの格好で寛いでいます。
P7010184_20160707153823bd7.jpg



漁業被害をもたらすので、地元では困ったゴマちゃんですが、見るだけならユーモラス。
IMG_4700アザラシ


「お〜い!」と叫ぶと、ゴマちゃんは「え?」と振り返るんだよね\(^O^)/
IMG_5985アザラシ


こうして楽しい礼文の花旅は終わりました。
一便のフェリーに乗り、またひた走る。帰りは雨の中。
家に着いた時は土砂降りとなっていました。












Category : 道北の山
Posted by meriko on  | 8 comments  0 trackback

礼文島へ花の旅〜1日目

2年前に礼文島を訪れて以来花に魅了され、去年も行き、そしてまた今年も花に会いに行って来ました。
昨年はレブンアツモリソウに特化して5月末に行ったため、レブンウスユキソウには会えなかった。
なので、今年は一ヶ月遅くしてみました。

ずっと天気が悪くて様子見してて、天気予報が明日から晴れになるという前日の夜、慌てて準備して出掛け、道北稚内までひた走り。朝一のフェリーに乗ります。

1年振りの礼文島はちょうどシーズン。フェリーも混んでいました。
天気予報を見て出掛けられるのは道内在住の強みだね。

今日は知床(礼文にもあるのよ)までバスで行き、そこから桃岩歩道を目指して歩きます。
P6300095.jpg


こんな花々が見られるのだよ♪
IMG_5985.jpg


振り返ると利尻富士が....



元地灯台に寄ってみます
P6300097.jpg


うねうねと続くお花畑の道
P6300102.jpg


桃岩近くで...
P6300101.jpg

白いオオハナウドの花と青い海が美しい。
P6300103.jpg


海まで続くお花畑の斜面
P6300100.jpg


イブキトラノオと利尻富士
IMG_6003.jpg


そうやって写真を撮りながら歩くので全然進みません。
本日の目的は、まだ行ったことがない礼文滝。
まだまだ遠いぞ〜


さてレブンウスユキソウの丘では...
咲いていました、ウスユキソウ。
IMG_6015.jpg


つまりエーデルワイスですね。
咲いてることは咲いてるけど....
この群生地は人が多くてね....

そそくさと通り過ぎます。
そして礼文滝を目指します。


沢沿いの道を下りていきます。
P6300121.jpg


もう海は近い。
カモメの群れが沢で水遊びをしていたり...
P6300123.jpg


礼文滝に到着です。汗かいたので、顔を洗ったりして....
IMG_6030.jpg


海を眺めてしばし休憩。
P6300130.jpg

まったりしてると眠くなってくる。
こうしてはいられない。
これから香深井まで歩くのだ。

さて帰ろう。
今度は登りなので疲れる....
風が顔を撫でていき、汗がすうっと引いていく...
気持ちいいね。

峠に戻ったところで、香深井まで歩くより元来た道を戻った方が早いと気付き、またまたウスユキソウ群生地を通ることに。そしてまたまたそこは人がいっぱいでした。

フェリーターミナルまで歩き、車に戻ります。
温泉うすゆきの湯で汗を流し、今夜の宿キャンプ場に行きます。

本日歩いた距離は17kmとちょっと、6時間10分でした。
昨夜寝不足だったわりには歩けたね。

今日見た花々
IMG_6039.jpg

IMG_6053.jpg

IMG_6033.jpg

ああ今日は楽しかったね〜〜
ビール飲んだらもう爆睡です(^ニ^)







Category : 道北の山
Posted by meriko on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。