山猫メリのスケッチブック

ネコ、時々山登り、たまにスキー、外遊び大好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by meriko on  | 

大雪の紅葉〜忠別岳へ!

ご無沙汰しているうちに秋は進み、15日黒岳では初雪を観測したそうです!

あ〜もう冬が来るのか...
昨夜はとうとう我慢出来ずに暖房を入れました!

今日から島根に帰るというのに、いったいなに着て行ったらいいんだろ・・・
こっちではこんなに寒いのに、天気予報ではあちらは25度以上あるらしいし・・・

9月初旬、久し振りに長い距離を歩きました。
旭岳ロープウェイの姿見駅から出発。裾合平から中岳温泉を通り、北鎮岳、比布岳、当麻岳、当麻乗越、また裾合平に戻るという、ロングルート。
腰痛を心配してゆっくりゆっくり歩き、とうとう大した痛みも出ずに完歩しました!

いや〜歩いた歩いた〜しめて19.7km!

少し紅葉には早かったけれど、天気も良くて人も少なくて楽しめた。
何より歩けたことに満足満足。
少し自信が付いたのでした。


裾合い平に向かう途中、白いエゾオヤマノリンドウが....
P9080033.jpg

中岳温泉で。足湯したいところだけど先を急ぎます。
P9080047.jpg

北鎮岳で。ガスが掛かってきた....
P9080054.jpg


頑張って比布岳へ
P9080065.jpg


当麻岳から沼ノ平を見下ろしながら下ります。池塘が点在する沼ノ平、ここの景色が大好き!
P9080075.jpg


さて、大雪のロングルートを歩いて筋肉痛にもならず、腰痛も悪化しなかったので、自信が付いた私。
今度こそ美しい紅葉を!というわけで、先週行ったのは、いつもの忠別岳。

前夜大雪湖に着いた時はものすごく寒かった。
翌朝は震えるほどで、山に入るのが躊躇われるほどで...

でもせっかく来たんだからと、気合いを入れて出発します。

順調に進み、3時過ぎ、忠別小屋へ。

前日旭岳ではミゾレが降ったと、同宿の人が・・・
どうりで寒かったはずだよ!

おかげで紅葉は本当にきれいでした。
P9170068.jpg


沢筋にはガスが掛かり、幻想的。
P9170074.jpg


ああいつも裏切られることのないこの美しさ!これを見るために苦労するのです。
P9170090.jpg

チングルマもまたかわいい♪
P9170093.jpg

そうして今年の大雪の紅葉を楽しむことが出来たのは、リハビリ体操を頑張ったおかげ。
また地道に筋トレしますよ〜



スポンサーサイト
Posted by meriko on  | 10 comments  0 trackback

猫の幸せってなんだろう...クークー脱走事件に思う

少し前の話です・・・

買い物に出掛けて夕方帰宅。玄関開けて「ただいま~」
「おかえり~」と出て来たのはなっちゃんだけ。

あれ?クークーは?いない?もしや( ̄◇ ̄;)
その時、はっと気が付いた。窓のペンキ塗りをした時、ペンキの臭いが家にこもるので窓を開けていたことを。
そう、クークーは窓から脱走!したのです。

暗くなる前に見つけないと、キツネにやられてしまう!
保護して以来、外に出たことのないクークー、そう遠くには行ってないはず。探すこと数分....

いたよ~!

勝手口のデッキの下で、溜まった枯葉に埋もれていました。
捕まえようにも手が届かないので、デッキブラシで小突いて「ほら出ておいで!」
怯えてにゃ~にゃ~と鳴くばかりのクークー。こんな時なっちゃんだと、食べ物で釣ることが出来るんだけど。

そのうちデッキの下からダッシュで飛び出し、捕まえようとしたけど間に合わず、今度は広いデッキの下へ。
ああ、そこはデッキブラシでも届かない場所なのです。
(デッキブラシでどうしようってんだよ!)

宥めたりすかしたりしているうちに、またまた飛び出して再び勝手口のデッキの下へ!
反対側をブロックでガードして追い出そうということになり、いろいろやっているうちに、手が届くところに移動。
這いつくばって手を伸ばし、やっとこさクークーの手を引っ張って引きずり出しました。
乱暴だけど仕方ない....クークーは鳴きながらも抵抗せず、抱かれて家に戻りました。
長いしっぽは濡れていてどうやらオシッコ漏らしたらしい。

マミちゃんのいる外は面白そうだけど、いざ出てみるとどうしていいか分からなかったんでしょうね。

窓から続く屋根にクークーの引っ掻き傷が残っていました。
屋根は急傾斜で、クークーは耐えきれず落ちたと思われ....

ともかく暗くなる前に確保出来て良かった。
我が家の前は雑木林で、キツネに見つかったらクークーなんかあっという間にやられちゃうでしょう。
心臓が縮み上がった脱走事件でした。

それから約1週間、クークーは腰が抜けたようになり、ジャンプが出来なくなってしまった。
高さ30cmのベッドでさえ上がれない....
心配したけど、今はジャンプは回復しましたよ。

な:この窓から下りたの?
ク:ここは無理。高すぎるもの。それに外には出ない方がいいことが分かったにゃ~
P8190006.jpg

な:ちょっと怖そうだにゃ~。止めとくにゃ。



話変わって・・・
8月札幌で開かれた、「岩合光昭 世界ネコ歩き」の写真展に行って来ました。
岩合さんの写真は大好きで、TVの「BS世界ネコ歩き」もお気に入り番組です。
写真展の猫達を見て思うのは、猫の幸せって何だろう、ということ。

自由に外を歩く猫たちと、家の中で暮らす猫たちとどっちが幸せなんだろう...
私達は猫本来の自由を取り上げてしまっているんじゃないだろうか...
街中だと問題もありだけど...
ご飯も暖かい寝場所も確保されてはいるけど、木登りや草の中で寝る楽しみも、トンボを捕る楽しさもないうちの子ら。
マミちゃんは木登りしたり、キツネを追っかけたり出来るけど、冬の寒さを堪え忍ばなければならない。

岩合さんの猫写真を見た後、クークーの脱走事件があり、いろんな事を考えた私なのでした。

Category : ネコ
Posted by meriko on  | 12 comments  0 trackback

道北の山 函岳(1129.3m)へ

前回の記事、松山湿原から更に北上します。
目的は函岳。
函岳の頂上にはレーダードームがあり、直下まで道路が着いています。
つまり車で登れるというわけ。

晴れていれば頂上から利尻富士も望める、なにしろ展望のよい山です。
そして夕日が美しい山らしいので、是非ともその夕日を見てみたい!
だから遅い時間を選んだという訳じゃなく、ソバ祭り→松山湿原→函岳で、図らずもそうなっただけのこと...(^^ゞ

函岳は国道から34kmの道のり。そのうち27kmはダート道です。
途中で下ってくるオフロードバイクと2回すれ違っただけ。延々と土埃をたててダート道を行きます。

見覚えのある函岳ヒュッテとドームが見えて来ます。
松山湿原を出てから1時間半、夕方5時半に到着。

駐車場から僅か5分歩くと函岳頂上です。
IMG_1830.jpg

夕日の写真を撮っている人が一人。

ああしかし....カメラの電池切れです。
最近カメラを触っていなかったので、充電していなかった(◎-◎;)
夕日の写真どころか、サイアクだ!

スマホでお茶を濁します。

あれだこれだと展望を楽しみ・・・
IMG_1827_20150831165128294.jpg


そう、利尻富士は裾野だけが見えていました。
IMG_1828.jpg

一等三角点を確認。
IMG_1826.jpg

立派な函岳ヒュッテです。
IMG_1832.jpg

ハイマツの中にウサギ発見!(これじゃ見えるわけないね)
IMG_1829.jpg

さよなら函岳。

元来た道を下りながら....
IMG_1837.jpg


実は函岳に来たのは2回目で、一度目は今年の春先です。
函岳は北海道百名山の一つ。かねてから登りたいとは思っていましたが、車で登るなんてことは山屋の端くれとしては許せない。
そこで今年の春、スキーを使って長い尾根を歩き、函岳に辿り着いたのでした。
それは既に下界の雪も消えた4月の末の事。
9kmの長い道のりでした。

着いた頂上は微風。
長年の夢を果たせて大満足の函岳頂上で「今度は車で来ようね!」と話したのでした。
その時の写真と見比べてみましょう。

上の「元来た道を下りながら」のと、ほぼ同じ位置です。
P4230134.jpg

雪に埋もれたヒュッテ。スキーを裏返してシールを乾かしています。
P4238189.jpg

疲れをしらないOni。
P4238188.jpg

この時まだ元気だった私...
P4230149.jpg


欲張って新ソバ祭り、松山湿原、そして函岳。
満足な1日。
爆走して帰宅したのは夜11時少し前、ネコ達がお腹空かせて待っていました。

Category : 道北の山
Posted by meriko on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。