山猫メリのスケッチブック

ネコ、時々山登り、たまにスキー、外遊び大好き。

忠別岳・忠別沼へ

今週末に控えている合宿のトレーニングのため、クチャンベツから沼ノ原経由で忠別岳に行ってきました。

いつもなら荷物を極力少なくするのだけど、トレーニングだから頑張って持っていきます。
一つでいいと思われるガスカートリッジも2個、一泊なら持っていかないシュラフカバーも着替えも持ちます。
なんだかストイックといわれそうだけど、一回ぐらい重荷を背負っておかないと心配なので..

荷物慣れしたのか、前回より早く沼ノ原到着。
P8156921.jpg

花は変わってエゾオヤマノリンドウが満開。
IMG_3739.jpg


さて2週間前、素晴らしく快適だった沼ノ原キャンプ指定地。
今日の大沼は満水で、テント場は水没しています!
IMG_3742.jpg

良かったよ...ここに泊まる予定にしてなくて(-。-;)

五色ヶ原をゆっくりと登っていきます。
やっぱりザックは重い。(^_^;

五色の布を拡げたような美しさ、と言われる五色ヶ原のお花畑。
今は笹が浸食して昔ほどではないよう。

ブラシのようなタカネトウウチソウや...
IMG_3760.jpg

ウサギギクや...
P8156934.jpg

ミヤマアケボノソウなどがいっぱい。
IMG_3885.jpg

花たちに慰められて五色岳に到着。
五色岳から小屋分岐まで下ります。

小屋分岐から仰ぎ見る忠別岳はクジラのよう。
P8156931.jpg

さて本日のお泊まりは忠別岳避難小屋。といってもテント泊ですが。
既に2張りの小テントがあり、ウチラは一段下がった場所に張ります。午後3時半。

ここは5年前、Sle氏と3人でヌタップヤンベツ川を溯行して辿り着いた場所。
9月で誰もいなかった避難小屋で、ホットケーキを作ったっけ。

翌朝3時半起床。5時に出発します。
もうほとんどのパーティーは出発していました。出遅れたね....

ありがとう、テン場!
P8166941.jpg


小屋の前の雪渓を横切って...
P8166944.jpg

分岐にザックをデポし、サブザックで忠別岳に向かいます。

チングルマはすっかり実になっています。
IMG_3807.jpg

トムラウシが頭を覗かせて...
P8166954.jpg


石狩連峰とニペソツの峰々
P8166957.jpg


忠別岳到着。
IMG_3831.jpg

ここから忠別沼ま下りていきます。
P8166963.jpg

忠別沼。
P8166958.jpg

本当はこの先白雲まで歩きたいけど、車を回収出来ないのでここで引き返します。
何度も歩いたんだから、と自分に言い聞かせ..

さよなら忠別。また来るよ〜
P8166965.jpg

分岐であんまり軽くなっていないザックを背負って下山します。

帰りの五色岳で、S山の会パーティーに出会ってびっくり!
「あら〜」「お〜」山で会うのってうれしいね♪

さらに帰りの林道で。
石狩沢に行くというS女史とMariちゃんにあって、またまたびっくり。
女子ふたりでエライね〜よっしゃ、わたしも頑張るから!

力のある彼女たちには石狩岳直登沢を勧めておきました。
そっちの方がコルに突き上げる沢より登りごたえあるから。

楽しみながらの夏道登山だからトレーニングになったのかどうか...(^_^;)
まあ覚悟だけは出来たということで...

黒岳の湯で汗を流して帰途につきます。5週連続の黒岳の湯でした♪

スポンサーサイト
Posted by meriko on  | 12 comments  0 trackback

お誕生日です♪

今日8月14日はクークーの誕生日。8歳になりました!
といっても推定ですが・・・

2007年2月14日うちに迷い込んできたクークー。
獣医さんの見立てでは生後半年とのことなので、遡って2006年8月14日を誕生日としました。

お誕生日って分かってたんだけど、夕方まで仕事しててなにも買ってあげなかったね。いつものご飯でごめんね。
で父母だけで、乾杯しました。

8歳か〜中年の域だね。
P8046892.jpg

自慢の美貌も下り坂ね(^^ゞ(そんなことないですから!by:クークー)

肥満とは縁がないけど、これからも健康でいて下さい♪
IMG_1176.jpg

いいなぁ〜姉ちゃまは。いっぱい食べなさいって・・・(by:なっち)
IMG_1174.jpg

この子たちがずっと元気で長生きできますように!



Category : ネコ
Posted by meriko on  | 16 comments  0 trackback

ユリ2題

一昨日の台風、散々吹き荒れてたくさんの木の枝を落とし、車庫の前を塞ぎ、葉っぱをまき散らして去っていきました。せっかく咲いていたユリが倒れるのじゃないかと心配してましたが、大丈夫。

名前なんていったっけ?
P8096911.jpg

玄関を出るといい匂いを漂わせて楽しませてくれます♪
オリエンタル系ハイブリッドのユリは香りのいいのが特徴です。

野生のオニユリも咲いています。
P8096915.jpg

可哀相なので抜いたりはしないけど、ことさら大事にもしない。

香りはないけど存在感ばっちり。
あちこち増えて、さすが野生の強さを感じるオニユリですね。

花の少ないうちの庭で彩りの花たち♪

Category :
Posted by meriko on  | 6 comments  0 trackback

沼ノ原へ〜繋がった!

台風が過ぎ去って、庭は大荒れ・・・
台風直撃の四国や東海は大変だったでしょう。お見舞い申し上げます。

山にも行ってなくて...恒例の夏山合宿まであと2週間...
最近重荷を背負っていないしなぁ、そもそもあんまり歩いていないし。
こんなことでは合宿はどうなるんだろう・・・

さて、林道決壊で4年間通れなかった層雲峡本流林道、修復されて今年からクチャンベツ登山口から入山出来ることになりました。
1週間前の土曜日、重荷を背負うトレーニングを兼ねて、沼ノ原で一泊し石狩連峰のニペの耳まで行くことに。

本当の目的は、沼ノ原から石狩岳縦走路分岐を経て、「水場のコル」まで歩きたい!
縦走路分岐から「水場のコル」間を歩くと、西は富良野岳の原始が原から、北は三国峠の三国山分水嶺まで繋がることになるのです。
かの悪名高き「根曲がりの廊下」の笹刈りがされて、通りやすくなっているらしい。
一昨年ヌプン温泉から行き、根曲がりの廊下で悪戦苦闘し、結局撤退したという苦い思い出があります。

きっと入山者多いんだろうな...と思いつつ、クチャンベツ登山口に行ってみます。
晴れて気持ちのいい土曜日、11時近いので既に駐車場はいっぱい。なんとか停めて準備します。

久々の重荷と言ってもたかが一泊なので、サクサク歩いてお久しぶりの沼ノ原へ。

2時間と少しで沼ノ原到着。
P8026842.jpg

キャンプ指定地だけれどサイトはいつも水没していて、とてもじゃないけどテント張る気にはなれないのですが・・・?
P8026852.jpg

今日はカラリと乾いていて、快適そのもの。
既に4張りのテントあり。
うちらも少し離れたところに張って、まだまだ時間たっぷり。
五色の水場まで水取りに行きます。

水場まで往復50分。
お散歩がてら、写真撮りながらゆっくり歩いて...
花は少なめ。タチギボウシ、ウメバチソウ、ワタスゲくらい...
IMG_3675.jpg

ミヤマリンドウだけはいっぱい。
P8026839.jpg

木道の付け替え工事中です。
P8026853.jpg

工事、結構乱暴なんだね〜
湿原の回復は早いのでしょうが...

・・・静かな夜でした・・・

朝の大沼...幻想的!
P8036859.jpg

直ぐに霧は晴れ、トムラウシが姿を現します...
大きいのがトムラウシ。そこから続く化雲平と化雲岳。
P8036858.jpg

この光景は3年前亡くなった先輩思い出す...「沼ノ原からみるトムラウシが一番!」といってた先輩。

さて朝食を済ませて撤収。分岐まで急ぎます。
P8036869.jpg

石狩連峰を見ながら・・・ニペの耳がくっきり!
P8036865.jpg


縦走路分岐にザックをデポし、サブザックで身軽に♪
P8036878.jpg

今日は例会があるから早く帰らないといけないんだ...
ニペの耳までは難しいかも知れない。でも水場のコルまではいけるでしょう。

さて情報通り、根曲がりの廊下は笹刈りがされて、すっかり歩きやすくなっていました。
P8030015.jpg

見覚えのある水場のコルで休憩。
石狩沢から石狩岳に登り、下りに水場のコルからペテトク沢に降りたのはもうずいぶん前。

笹刈りありがとう!
でもまた何年かで元通りの密林となるのは間違いなし。
ここを訪れる人はあんまりいないでしょうし。
今では石狩沢の林道も通れなくなってしまったし...

さてそこから40分ほど急斜面を登っていきましたが、10時にデポ地点に戻る予定だったので、タイムリミット。
ニペの耳どころか、次の高みの1729までも行けなかった...
ザックを回収後、下山します。

ヘリが行ったり来たり。
どうやら付け替えた古い木道を運んでいる様子。
IMG_3730.jpg

「ちょっと〜乗せて〜〜〜」冗談です...タクシーじゃないんだから(-。-;)

あんまりトレーニングにはならなかったけど、沼ノ原泊は良かったし、なにより原始が原から三国山まで繋がったことが嬉しかった♪

Posted by meriko on  | 6 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。