山猫メリのスケッチブック

ネコ、時々山登り、たまにスキー、外遊び大好き。

庭の花

暑かった昨日に比べ、今日は涼しい〜!

ヤマアジサイも今が盛りヤマアジサイ2

ニセコから移住したのも元気ヤマアジサイ

カンパニュラもカンパニュラ

スカビオサも
スカビオサ

ホザキナナカマドは実がつかない…調べたら地味〜な実が付くみたい。ホザキナナカマド

華やかな色は唯一のバラ、カクテル。名前がいいね!
カクテル

手入れの悪い草ボーボーの庭だけどまあ勘弁して。

スポンサーサイト
Category :
Posted by meriko on  | 2 comments  0 trackback

干し野菜作り

昨日まで肌寒かった苫小牧。めずらしく暑くなりそうな気配が…干し野菜作りに挑戦しよ!
夏山合宿の食当としては、レトルトばかりではメンバーに申し訳ないと考えての事です。干し野菜入りコンビーフカレーはどうだろう…
ナス、ピーマン、大根、ズッキーニ、タマネギ、カボチャ、オクラ、ニンジン…他にトマトやパプリカもいけるみたい。
魚干し用の網にいれて干してみます。うまくいきますように!
干し野菜

しかし今日の暑さと来たら、外気温は26℃!野菜どころか人間が干せそう!暑さに慣れていない苫小牧人にはこたえるわい。扇風機でも出すかな…

Category : 未分類
Posted by meriko on  | 0 comments  0 trackback

エサオマントッタベツへ!

7/21〜22 今期二度目の沢です。プレ夏山合宿ともいえるかも。もう訪れることはないと思っていたエサオマン…いい仲間といい天気に恵まれてまた登ることが出来ました。幸せ(涙;)

ゲート前で出発準備。ガスが掛かっているけど天気予報は晴れ。(Photo:by Oni)
ゲート

入渓地点。まだまだ元気!(Photo:by Oni)
入渓

沢水が心地良い(Photo:by Oni)
慎重に歩く

魚がいるよ!イワナ?オショロコマ?(Photo:by Oni)
魚がいた

稜線が見えてきた(Photo:by Oni)
カールを望む

慎重に雪渓の上を通過(Photo:by Oni)
雪渓の上を歩く

雪渓が終わると核心部が始まる
雪渓の上を歩く2

ここは左岸を巻くのが正解。巻き道の取り付きが雪で分からなかった。(Photo:by Oni)
最初の滝

300mの滑滝の始まり(Photo:by Oni)
滑滝の始まり

快適に滑滝を登る(Photo:by Oni)滑滝を登る2

カールは近い(Photo:by Oni)
カールが近い

ひこうき雲が…
ひこうき雲

今日のテン場、北東カールに到着。カール壁はいつ見てもすごい迫力!これを見るだけでも登ったかいがあるというもの。
カール壁

テント設営(Photo:by Oni)
テント設営

Aルンゼを目指す。見えているのはBルンゼ(Photo:by Oni)
Aルンゼを目指す

Aルンゼに残った雪の脇を登る。ホールドは割としっかりしていて思ったより登りやすい。
落石注意!(Photo:by Oni)
Aルンゼに残った雪

慎重に登り切ってAルンゼを見下ろす。(Photo:by Oni)
Aルンゼの上部から

ヤッホー!素晴らしい眺め!(Photo:by Oni)
素晴らしい眺め

ジャンクションピークを背にエサオマンに向かう(Photo:by Oni)
JPを背にしてエサオマンに向かう

ピークはもうすぐ!(Photo:by Oni)
もうすぐエサオマンピーク

ヒダカゲンゲが!
ヒダカゲンゲ

熊の好物ハクサンボウフウ
ハクサンボウフウ

エサオマン頂上からカムエク方向を望む。やはりカムエクは日高の盟主の名にふさわしい!
カムエク方面

北のポロシリ方向を望む。七つ沼のカール壁も!
ポロシリ方面

札内岳に雲がかかって…いいねぇやっぱり日高は!
カムエクに雲が

Cルンゼを下降する(Photo:by Oni)
Cルンゼを下降する

テン場に戻ってきた
テン場まで戻った

記念写真を撮って下山にかかる。かっこいいねぇ、みんな!(Photo:by Oni)
カールを後に下山

何度も訪れているエサオマン北東カール、この時期は初めてだったが、こんなに雪が残っているとは予想外だった。登りに使う予定のBルンゼにもしっかり雪が詰まっている!テント設営後Bの偵察に出掛けてみた。あわよくば登ってしまおうと…しかしやっぱり雪が多すぎる。これは危ないよ、やっぱり…もう一つのパーティー(ツァーっぽい)がAルンゼを登っていった。
というわけで翌朝雪の少ないAを登ることに…過去に一度Aルンゼを下降したことがあるが、大体はBかCの登下降だった。まあ下ったんだから登れるだろうと踏んで…実際思ったほど厳しくはなく、ホールドも割としっかりしていて順調にクリアし、稜線に立つことが出来た。それでも落石には注意!3級の岩登りか…Nom氏は「いやいや3級+ですよ」と言ってたけど…
頂上では申し分ない眺望を楽しめた!下りは安全を考えてCルンゼを下りテン場に戻った。やっぱり日高はいい!もう体力ないけど…

行動時間(休憩含む)
戸蔦別川ゲート7:30→エサオマントッタベツ川入渓8:25→823二股9:45→997二股11:45→大滝13:00→北東カール14:30 C1
C1発5:20→Aルンゼ上部稜線6:13→エサオマントッタベツ岳6:40〜7:35→JP7:45→Cルンゼ下降点8:00→北東カール8:40〜テント撤収後出発9:20→大滝下10:20→997二股11:30→入渓点14:07→ゲート15:10

Category : 日高の山
Posted by meriko on  | 2 comments  0 trackback

出会った花たち

扇沼山から三川台を経由、トムラウシまで歩き、たくさんの花たちに出会った。
本当にそれはそれは美しかった…もっと腕があればね、いい写真撮ってあげられるのだけれど…

チシマノキンバイソウチシマノキンバイソウ


イワブクロ、樽前ではタルマイソウイワブクロ

タカネシオガマ。ヨツバシオガマは良く見るけど…
ミヤマシオガマ

エゾヒメクワガタエゾヒメクワガタ

めずらしいピンクのエゾヒメクワガタピンクのクワガタ

おなじみ、チングルマ
チングルマ

やっぱりかわいいチングルマ(Photo:by Oni)
チングルマ2

今度はエゾノツガザクラと一緒に(Photo:by Oni)
エゾノツガザクラ

早くも実になったチングルマチングルマの実
(Photo:by Oni)
チングルマの実2

アオノツガザクラも…(Photo:by Oni)アオノツガザクラ

エゾコザクラ(Photo:by Oni)
エゾコザクラ

アカモノ
アカモノ

ホソバイワベンケイホソバイワベンケイ

エゾツツジ(Photo:by Oni)
エゾツツジ

ウサギギク(Photo:by Oni)ウサギギク

シラタマノキ(Photo:by Oni)
シラタマ

イワヒゲ(Photo:by Oni)
イワヒゲ

リンネソウ(Photo:by Oni)リンネソウ

Category :
Posted by meriko on  | 2 comments  0 trackback

扇沼山からトムラウシへ

7/14〜16 三連休の後半がいい天気の予報。三川台に花を見に、また久しぶりにトムラウシを登ってこようと…俵真布林道は今年から走行可能になり、残り台地林道の2.3kmを歩けばいいので、旭川の森林管理署で林道の鍵を借りておく。三川台は大好きな場所なのです。

14日林道の終点で車中泊、15日朝早く出発する。Oniの大きなザックに安心感を覚える…
台地林道

扇沼山から望む十勝連峰と硫黄沼。やはりオプタテは十勝の盟主!
硫黄沼

稜線からトムラウシ方向を望む
トムラウシ山方向

辺別川源頭部を見下ろす
辺別川源頭

かわいい雲が…
かわいい雲

三川台から見下ろすユウトムラウシ川源頭。ここは本当に思い出深い。
一昨年秋、ユウトムラウシ川を溯行して辿り着いたとき、雪が積もっていたのだった。
池に張った氷を割って水取りした…
源頭部その2


テン場にザックを置いてトムラウシに向かう…黄金が原の小さな池塘池塘

池塘の周りはお花畑。向こうにはオプタテが見えるはずなのだけど…
お花畑と池塘

お花畑の稜線漫歩
お花畑をいく

神秘的な南沼
南沼

南沼キャンプ地は15張りくらいのテント。
南沼キャンプ地

誰もいないトムラウシ山頂上。
ガスが晴れるのを待ってみたけど、テン場に帰るのが遅くなるので下山にかかる。
(Photo:by Oni)
トムラウシ山頂で

三川台に帰り着いて。ガスが湧いてきている。
ユウトムラウシ川源頭部

オプタテからの縦走路の下、4〜5張りのテントが見える。(Photo:by Oni)
三川台の下

トムラウシの日の出
日の出

旭岳もバラ色
旭岳

ありがとう、テン場。
テン場

さよなら黄金が原!黄金が原の向こうはクワウンナイ川。8月、果たして来られるだろうか…
黄金が原

どこだろう、あのやまなみは。きっといくつかは登っているよね。
重なる山脈

扇沼山が見えてきた
ウサギギク

扇沼山で初めてのツーショット(Photo:by Oni)
ツーショット

GPSで三角点1615mにセットして向かう…その高みらしいが標石は見つからず。
三角点を探して

ロックガーデンを下りると眺望も利かなくなる。ひたすら下山します。
ロックガーデン

初日が雨の予報だったので、一日ずらして入山した。事前に旭川の森林管理署にゲートの鍵を借りに行き、下山後、美瑛の事務所に返却した。このルートは何度か歩いているが、やはり鍵の借用がネックになる。
ともあれこの時季の大雪、本当に花々が美しい。いろいろ考えることもあったけれど、やはり行ってよかった。重荷を背負っておかないと、いくつか控えている山行が心配だったこと、花を見たかったこと、久しぶりにトムラウシにも登りたかった。花も堪能したし、写真も沢山撮ったし、満足満足!

行動記録
15日:台地林道ゲート4:50→台地林道終点5:40→扇沼山7:45→三川台10:45〜11:15→トムラウシ山13:40〜14:00→南沼キャンプ地(水取り)14:30→三川台16:00
16日:三川台5:20→辺別川源頭6:25→扇沼山8:15〜9:10→台地林道ゲート11:10

Posted by meriko on  | 0 comments  0 trackback

ハスカップ狩り

ハスカップ狩りに行って来ました。明日から山、今日しか時間がない。仕事をほったらかして千歳の農園に…雨の予報だったけど、晴れ間も出てきた。いいぞ!
いつもお世話になっているハスカップ園は休園しているので、看板を見て初めての場所に飛び入りしてみる…

とても広いハスカップ園。十数人が入園していた。でも鈴なりの木は少なかった。
ハスカップ農園

時季が一週間早ければもっとたくさん採れたのに。
ハスカップの実

Oniと2人、2時間頑張りました。手袋はまた来年使います。手袋

生のままだと痛みやすい。最近になって冷凍して送ればいいことに気がついた。もうすぐ徳島に行きますよ!taekoさん待ってて!
3.5kg
Oniは仕事の電話しながらハスカップを摘んでいました。「ハスカップ摘みながら仕事なんて、こりゃいいね」だって!仕事も大事だけど、ハスカップ狩りも大事!
3.5kgの収穫はいつもの半分…もう少し早ければ効率よく採れたんだけどね…


Category : 未分類
Posted by meriko on  | 2 comments  0 trackback

富良野岳〜登山会

7/8はTACの募集登山、今年は花の山富良野岳。人気の山とあって参加者は18名。先週から続いていた十勝岳入山禁止が解除され、十勝岳温泉登山口は賑わっていた。
ガスってはいるが、天気予報では雨の心配はなさそう。会員含め総勢35名、いつも通りストレッチをして出発します。

ヌッカクシフラヌイ川に沿って。ガスが晴れてきた。(Photo:by Eda)
歩き始める

雪渓はまた小さくなった(Photo:by Eda)参加者

お花畑をいく(Photo:by Oni)
お花畑をいく

ハクサンイチゲ(Photo:by Oni)ハクサンチドリ

今季初お目もじ、エゾルリソウ!(Photo:by Oni)
エゾルリソウ


賑わう山頂賑わう山頂


平均年齢62歳!みんな頑張りました!(Photo:by Eda)
全員で

出会った花々:ウサギギク、コマクサ、ミヤマオグルマ、エゾルリソウ、コイワカガミ、ウズラバハクサンチドリ、メアカンキンバイ、チシマノキンバイソウ等々、見頃です!
花といえば、こぶしのKiy子とその仲間の花たちにも出会った!

今年の募集登山、お天気もまずまず、怪我もなく落伍者もなく無事終わって本当に良かった!
参加者の皆さん、スタッフの皆さん、お疲れ様でした!また来年も頑張ろうね!

所要時間 十勝岳温泉9:00→富良野岳12:20〜12:55→十勝岳温泉15:30 
     登り:3時間20分 下り2時間35分

Posted by meriko on  | 4 comments  0 trackback

新しいモチーフは?

今日は植物画教室でした。
描いていたヤマシャクヤクやオダマキの花は終わってしまい、続きはまた来年…ほんとに野の花は難しい。真面目に描いてたらさっさと仕上がるのだけど、山も仕事もあってそうもいかない。ずっと絵に向き合ってられたらいいのだけど…

今度はヤマボウシにチャレンジ!でも白い花は難しいよねぇ…
ヤマボウシ

それともホタルブクロにするか…
ホタルブクロ

ヤマアジサイもステキだけど、これはダメ。葉っぱも花も上級編!
ヤマアジサイ

ノイバラもいつかきっと!
ノイバラ

というわけで難しいからと避けてばかりいるのでちっとも出来ないのでした。やれやれ…

Category : 植物画
Posted by meriko on  | 0 comments  0 trackback

ヤマモモ大好き!

徳島からヤマモモがやってきた!新鮮なお野菜と一緒に。北海道と徳島のこの不思議な縁…
taekoさん、ありがとう!

インゲン、ピーマン、椎茸、曲がり胡瓜や枝豆も!
多恵子さんから

ヤマモモ、宝石みたいでしょ?甘酸っぱくて美味しい!Oniの好物。
宝石みたい

Category : 未分類
Posted by meriko on  | 2 comments  0 trackback

オロフレ峠から来馬岳〜プチ縦走

本日は市民登山のサポート。オロフレ峠から来馬岳へ縦走します。

霧のオロフレ峠で出発前のストレッチ
ストレッチ

縦走路は樹林の中、見通しは良くない。少ないけど花もある。バケモノ山ではノギラン、マルバシモツケも。
マルバシモツケマルバシモツケ

来馬岳から望むオロフレ山と徳舜別、ホロホロ、オロオロの三山。恵庭岳の岩塔も。
縦走路から

スキー場を下りていく。Seigo親分パーティーに出会った、というか追い越された。
スキー場を下りる

ゲレンデはフランス菊でいっぱい
ゲレンデ

時間は掛かったけどみんな無事に下山出来てホッとした。カルルス温泉で汗を流して終了。なんか疲れました〜

行動時間 オロフレ峠9:50→カルルス山10:50→来馬岳12:25〜13:10→サンライバ駐車場15:00頃

Posted by meriko on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。