山猫メリのスケッチブック

ネコ、時々山登り、たまにスキー、外遊び大好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by meriko on  | 

今年の氷壁研修

氷壁研修は厳冬期の今しかありません。
去年はやらなかったので、2年振りです。
ちょっと億劫な気もするけど、まあ行けば何とかなるさ。

重い登攀用具を背負って出発。
車を置いた場所からは20分くらい歩きます。
先週雨が降ったせいで、道路はかちんこちんに凍結し、まるでスケートリンクのよう。
怖いわ〜アイゼン履けば良かったかも?

鹿も滑って苦労した痕がいっぱい。
彼らのひずめはとても滑りやすいのです。

現地着。
リーダー達が下見をしたときは、氷の下から水音が聞こえていたらしい。

その後雨が降り、また更に冷え込んで、完全に蒼氷になっていました。
Goodな氷だわ〜


まずリーダーと若いモンが側壁を登ってロープのセッティングに行きます。
下は下でアンカーの設置。

2人セッティングを終わって下りてきました。
P1290195.jpg

それから順番にビレイ(確保)と登攀を行っていきます。
今回はトップロープの形をとりながらも、リード登攀の練習をすることになっています。
つまり途中で中間支点となるスクリューハーケンをうつこと。

登攀者のビレイをするmerikoです。
P1290019.jpg 

ひとりひとりに意外と時間が掛かって、もうお昼。
お腹が空きました。

ロープ他のセッティングなどはそのままにして、ザックを置いた場所まで降ります。
でも降りるのもひと苦労なのよー。
P1290212.jpg 

陽射しと熱いコーヒーが身体を温めてくれる。
寒かったねぇ〜


さてお昼が終わると、私の登る番。
P1290022.jpg 


 近頃 左肩と左腕が痛むので、左のアックスがなかなか決まらず、何度も打ち直す
でもアイゼンの前爪や右のアックスはパキッと効くので小気味よい。
P1290215.jpg 

2年振りにしてはサクサク登れました。
良かった〜


チーフリーダーとサブリーダー
各自が設置したランニングビレイを回収しながら登ります。
P1290231.jpg 


さすがリーダー、ビシッと決まっとるわい
P1290228.jpg 


終わったらロープを片付けて終了、
P1290235.jpg 


また滑りやすい道路を歩いて戻る...
帰りはさすがに気温が上がって、スケートリンク?も緩み、ペンギン歩きをしなくてすみました。
P1290244.jpg 

参加者も年々少なくなり、今年が最後となりそうな氷壁研修。
来年からは個人的に来ようという話でした。

私は来年も参加するよ




スポンサーサイト
Category : 研修
Posted by meriko on  | 10 comments  0 trackback

大星沢で沢研修

今年から8月11日は「山の日」に制定され、休日になりましたね。
いろいろ記念行事とか記念山行などが計画されているよう....うちは何にもないですが...


さて暑い日が続く中、日曜日は沢研修で、白老川支流の大星沢に行ってきました。
下見に行ったリーダー、「小滝が多くて楽しい沢。泳ぐ場面や飛ぶシーンがあるよ」というんだよね(゜◇゜)ガーン
泳ぐのはともかく、飛ぶなんて絶〜対ヤダ!飛び損ねて足を滑らせたらどーすんのよ!
行くの止めようかしら....
とか思いながら参加しました。

橋から入渓します。
P8070006.jpg

下見時より水は少なかったらしいです。
P8070010.jpg

水はぬるくて気持ちいい。
P8070192.jpg


小滝が出て来ます。
P8070016.jpg


石が全然滑らないので楽しく登れます。
P8070023.jpg



滑床も楽しい♪
P8070029.jpg


P8070027.jpg


P8070028.jpg



あの奥が核心部らしい。泳ぐのはどこだろう。
P8070033.jpg


泳く?やめとくわ...水が深いのでへつります。(写真お借りしました)
DSC09160a.jpg


水流の中をアタック。水圧が....(写真お借りしました)
DSC09171a.jpg


おっと、楽しい滝登りですっかり忘れていましたが、今日は研修なのです。
沢中の歩行、へつりやルートファインディング、確保や懸垂下降と、一通りやらないといかんのだ。
とはいえ、みんなベテランなので、新人研修にとって代わりました。


研修を終わって、まだまだ続く小滝
P8070050.jpg


あら、タチギボウシが咲いていますよ♪
P8070052.jpg

これを登ると終わりかな?
P8070059.jpg


さあこれが最後の「望岳の滝」
IMG_2755.jpg


落差は30mくらいでしょうか。
みんな唖然と見ています。
これは登るのではありません。ここから下がって途中から道路に上がるのです。

20分ほど下り、橋の下から鉄ばしごを登って道路に戻る。
道路を5分ほど歩いて車に戻ります。
ヘルメットやハーネスで武装?した我らを、通りかかる車がよけていくんだよね(-。-;)

水遊びってわけじゃないけど、夏の暑い日は沢に限る。
「飛ぶんだよ」と脅かされ、ビビって気が重かった研修でしたが、飛ぶシーンはなかった!
楽しくて研修だってことを忘れる一日でした♪
いつもこんなのだったらいいね。




Category : 研修
Posted by meriko on  | 12 comments  0 trackback

冬山研修その② イグルーを作る

研修2日目の朝、今日はイグルーを作る予定となっています。
しかし雪洞の外は猛烈なブリザードが吹き荒れ、視界不良!

とてもこの場所でイグルーなんかやってられない。
あっという間に低体温症になってしまうでしょう。
ヒュッテの駐車場に移動することになり、朝食を済ませた後撤収します。

撤収も大変...吹き飛ばされないよう。
[広告] VPS


さて樹林の中に入ると地吹雪は嘘のよう。
ヒュッテ駐車場でイグルー作成に取り掛かります。
イグルーは雪洞を掘れるほどの雪が無いときに有効だとか(←リーダーの話)

雪面に円を描き、円の縁に沿って雪のブロックを積み上げていきます。
イグルー1

ブロックを切り出す人、積み上げる人、スノーソーでブロックを調整する人...
イグルー2

私はもっぱらブロック運び役。

一人が中に入って調整
イグルー3

積み上げる方も上手になってきました♪
イグルー4

中からも雪を掘り出しています。
イグルー5

これどうやって出るの?心配ご無用!
イグルー6

横から掘って入口を作ります。
イグルー7

およそ1時間で完成!
イグルー完成

中に入ってみよう!
イグルーに入る

天井はこんな感じ。「東京駅の丸天井みたいだ」と言った人がいて♪
イグルーの天井

上に乗ってみましたが、びくともしません。

最初の円が小さくて、2~3人がやっとのイグルー。
次回はもっと大きいのを作ろうという話でした。
その後、ビーコン捜索をみっちりやって、研修は終了。

重い荷物を背負って下山します。
研修終了下山

荷物は重いけれど、スキーの下山はやっぱり速い。
盛り沢山な研修でした。

Category : 研修
Posted by meriko on  | 10 comments  0 trackback

厳しく楽しい冬山研修① 雪洞に泊まる♪

今週とは大違いの猛吹雪だった先週土日、会恒例の冬山研修でした。
研修場所は近くの樽前山。

腰痛持ちが参加したら迷惑になるとはわかっていたけど、それでも行きたくなる。
今年はイグルーを作るというのです。
初日は泊まるための雪洞掘りです。
ヒュッテに逃げ込むことは許されない。リーダーは厳しいのだ・・・

さて雪が降りしきる中、準備して出発です。
ゲート前

前夜から降った雪がしっかり積もって、最初からラッセルを強いられる。やれやれ
いつもならヒュッテの管理人さんがスノーモービルで道を付けてくれるはずなんですが、跡形も無し??・・・

雪がやんでひたすらラッセル。
林道ラッセル

6.7km。
2時間で行けるのに、4時間も掛かって7合目ヒュッテ到着。
さらにそこから200m歩いて雪洞予定地。

行動中、体力の弱った人を収容するための雪穴を手早く掘り、収容した後、大きな雪洞を掘るという設定。
その体力弱ったという人は唯一の女子である私がなります。(実際弱っちいしね・・)

リーダーのレクチャーの元、男性達は休む間もなく雪洞を掘り始めます。
せっせせっせ...
雪洞掘り1

2時間もあれば7人が泊まれる雪洞が完成。
雪洞中から

「ここに雪洞あり」の目印、デポ旗を立てておきます。
デポ旗

入口は二重に塞いで風をシャットアウト。
中部にコッフェルやロウソクを置く棚を付けたり・・・
雪洞入口

中は快適!夕食はカツ丼!
雪洞内部

おりしもその日はバレンタインデー!
女子はたった一人なので、男性全員分のチョコを運ぶのは大変。なので大箱1つで勘弁して頂きました。

おでんを鍋ごと担ぎ上げた勝氏、アルコール飲めないのに赤ワインを瓶ごと持ってきてくれたリーダーSle氏。
せっせと雪洞を掘ってくれた男性諸氏に感謝!

食事の支度をしていると、ほろ酔い加減のヒュッテ管理人のOさんが、手料理持参で雪洞訪問。
支笏湖氷濤祭りの花火が見えるよ、とOさん。外は地吹雪、出たくない...

全然戦力にはならなかったけど楽しい夜でした♪


Category : 研修
Posted by meriko on  | 2 comments  0 trackback

救急救命講習会です

昨夜、うちの会の救急救命講習会でした。
オロフレ山の帰り、そそくさと虎杖浜温泉に入り、講習会に間に合うよう帰ってきました。

2年に一度、消防署に講師をお願いして、救急救命講習会を開いています。
今年は参加者が増えて17名。
参加者が少ないのも困るけど、多いと1人ずつの時間が足りなくなるし・・・

まずは胸骨圧迫から。
いわゆる心臓マッサージですね。

講師の説明通り、手順を踏んで、ダミーの胸を圧迫します。


1分間に100回の速さで、胸骨圧迫30回と人工呼吸2回。
その繰り返しです。
人工呼吸はした方がいいけど、しなくてもいいのが今のやり方。

胸骨圧迫も人工呼吸も最初はうまくいかないけど、ちょっとしたコツがあってそのうち慣れてきます。
上手く出来ると「OK!」の声。

さて次はAEDを使ってみます。
AEDは最近いろんなところに設置してあるので、使い方を覚えておきたいものです。

使い方は実に簡単。
AEDの蓋を開けるとスイッチが入り、あとは音声ガイダンスに従うだけ。

右肩と左脇にパッチを貼り、電気ショックを掛けます。
PB197548.jpg

電気ショックを与えてはいけない人にしてしまったらどうしよう!なんて心配はいらない。
全てAEDが判断してくれます。

胸骨圧迫の講習中、心穏やかではいられなくなる私。
4年前、不安定な登山道で仲間の心臓マッサージを続けながら、救急隊の到着を待ったことを思い出すから。

この講習は何度でも受けておこう。
こんな場面に会いたくはないけど、もし出会ったら絶対助けたいと思う私です。

Category : 研修
Posted by meriko on  | 14 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。