山猫メリのスケッチブック

ネコ、時々山登り、たまにスキー、外遊び大好き。

七条大滝

樽前山麓の勇払川に七条大滝という滝があります。
厳冬期、凍結した七条大滝は一見の価値あり、だそうな(^∇^)ノ
近すぎていつでも行けると思ってて、結局まだ行ったことがなかった私。

先日、急に思い立って出掛けてきました。
国道沿いの駐車場にはたくさんの車がいて、大勢の人が訪れているらしい。

あんまり人が多いのもなんだかなぁ〜

そこに、一人のおじさんが戻ってきて、「今が一番見頃だよ」と言います。
よし、じゃあ行こう!

林道入口の看板
IMG_3356.jpg

樽前山麓の森は台風で樹木がなぎ倒される被害が何度もあり、再生の植林が行われています。

しばらく林道を歩いていきます。
P1250191.jpg

30分ほど歩くと林道から離れ、滝に下りていく小道。
IMG_3354.jpg

滑りやすい急斜面を下りていかなければならない。

「え〜〜これ下りなきゃいけないの?」と悲鳴を上げている年配の女性。
「ロープを持って、手摺りもあるし、ゆっくりゆっくりね。どうぞ気を付けて、とアドバイス。

いや滑るわ、この道。

下を見ると滝が見え、下りている人も見える。
IMG_3345.jpg

慎重に下りて、やっと滝の近くまで。

わあ〜すご〜い!
P1250196.jpg


川を渡ってもっと近くに行くという...
P1250197.jpg


下から見る滝は大迫力です。
P1250198.jpg


う〜〜ん、やっぱり一見の価値ありだわ

IMG_3343.jpg


凍結した滝は写真目当ての人がいっぱい。
子供連れの人も来ています。

そろそろ帰るか....と思ってたら、先ほどの女性が下りてきました。
良かった〜無事で。

また30分掛けて車に戻ります。
そんなわけで、楽しい初めての七条大滝見物の巻でした。


寒い滝より家でぬくぬくしてたほうがいいもんね
IMG_3358.jpg

季節外れの雨模様だった今日、滝の氷は少し融けたのでしょうか。




スポンサーサイト
Posted by meriko on  | 6 comments  0 trackback

初歩き〜オコタンペ山

息子も帰ったし、家にいるのも飽きたし、運動不足だし、食べ過ぎの感もあるし。
さらにいいお天気も続くので、初歩きをしてこようということになりました。

どこに行くとも決まっていなくて、さあどうする?
あんまり遠くは無理だし、しばらく歩いていないのでハードなのはイヤだしなぁ....

それならオコタンペ山にしよう、と決定。
というのも次の日曜日、新年山行でオコタンペ山に行くことになっているので、その下見を兼ねてという具合。

昨日の3日、7時過ぎに家を出て1時間で現地着。
駐車地には車が一台。

オコタンペ山へ向かう道路にはトレースが続いているけど、わたし達はそっちには行かない。
みんなと同じ方に行っても面白くないでしょ。
というわけで、長いけれど違うルートに向かいます。

湿原を通ります。
IMG_6944.jpg

ここは春先水芭蕉が咲く大好きな場所。
ここからの恵庭岳もいいのだけど、今日はガスってます。

トレースが全く無くラッセルがきつい〜トホホ
IMG_6948.jpg

稜線に上がると向こうに見える漁岳と1240
P1030195.jpg

次に頑張って急斜面を登れば平坦地。
IMG_6953.jpg

そこは何年か前、みんなで雪洞泊した場所。
そこからは目指すオコタンペ山が見える。

コルで最短ルートからのトレースと合流し、楽ちんになります。
P1030200.jpg

なんだかんだと言っても、人のトレースは楽には違いない。

見下ろせば凍結したオコタンペ湖が...
P1030205.jpg

この斜面を登れば頂上。
P1030202.jpg

低木の枝に邪魔されて、見晴らしが良いとはいえない頂上。

恵庭岳がかっこいい!
P1030207.jpg

おにぎり食べてお茶飲んで、15分ほど休憩して下山開始。
元来た道を戻ります。
P1030211.jpg

あの急斜面をどうやって下りようかと思ったけど、全く問題なし。
登りに掛かった時間は3時間20分なのに、下りはたった1時間40分!
やっぱり下山は速い。

たった5時間の山だけど、人にも会わず静かなハイキングが出来て幸せ〜
幸先良い新年の初歩きでした。




Posted by meriko on  | 4 comments  0 trackback

今年最後の会山行〜イチャンコッペ山

ドカ雪が降った翌日の日曜日は会山行の日でした。
しばらくみんなと歩いていないので、着いていけるかちょっと心配だけど、まあ何とかなるでしょう。

それよりも心配なのは、あれだけ大量の雪が降ったから、ラッセル大変かも。
スノーシューじゃないと無理かもしれない。
集合場所に行ってみます。

朝すごく冷えて、家を出る時は氷点下13度。
それほど寒いという気もしません。
PC110189.jpg

今日の山は支笏湖畔のイチャンコッペ山(828.9m)
2台で支笏湖に向かいます。

あら?意外にも支笏湖畔は雪が少ない。
市内ほど降らなかったようです。
でもすごく寒い......

イチャンコッペはアプローチが全くなくて、国道脇の駐車帯の直ぐそばが登山口という、お手軽に登れる山です。
思いの外 雪も少なく、スノーシューを履かずに行くことにします。
キリッとした空気の中、お喋りしながらゆっくり登ります。

稜線に出ても風も弱く、助かった。
この低い気温での風はちょっとね。
PC110194.jpg


一回休憩しただけで山頂に。
先客が撮ってくれました。
PC110196.jpg


お昼食べて、さあ下りよう。

さっきまで見えてた恵庭岳もかすんでいます。
PC110200.jpg

油を流したような支笏湖の湖面。O女史の表現を借りると「サバ肌」
PC110202.jpg

支笏湖が凍らないのは小さなさざ波が立つからだと。
でも10年以上前に、一度凍結したことがあります。
その時、50年振りの凍結だといってた記憶が。

地球温暖化が進んでいるなら、そんな寒い日は来ないのでしょうね。
だいたい太平洋側にドカ雪が降るなんて、温暖化の象徴でしょう。

登り、2時間25分、下り1時間25分。
帰りに国民民休暇村で温泉に入って温まり、今年最後の会山行は終了。

帰宅したらまた雪が積もってて、Oniはまた雪掻き。
今度のはサラサラ雪でしたけどね。



Posted by meriko on  | 6 comments  0 trackback

今年の紅葉は美しい?そして雪!

この夏は雨が多かったので、秋の紅葉は美しくない!と決めつけていました。
でも秋が深まってみると、あら?意外とイケてるかも♪


庭のモミジも美しく染まりました。
IMG_3044.jpg 


サクラとドウダンツツジも。



そんな中、支笏湖周辺もきっと美しいに違いないと踏んで....
一昨日は歯科検診の日でしたが、それが済んだ後大急ぎで、支笏湖の山 風不死岳に行ってみました。

紅葉真っ盛りの樽前国道を走る。
道路の両側は本当に美しい!

登山口には3台の車が止まっていました。
もうお昼近いので、そそくさと支度して登ります。

大きな倒木が道をふさいでいて、ビックリ!先の台風で倒れたのか?
PA190192.jpg 



ミネカエデが多く、明るく輝いています。まるでライトを付けたよう!
PA190193.jpg 

紅葉が見られたのは4合目くらいまで、それから上の木々はもう葉っぱを落としていました。


1時間50分で風のない頂上へ。
PA190199.jpg 




羽を広げたような樽前山。
PA190200.jpg 



支笏湖も静かです。
PA190202.jpg 

 
穏やかな秋の1日でした。
翌日、大変な事になろうとは...


さて翌日、つまり昨日です。
昨日は会山行で、札幌滝野の野牛山に行くことになってまして。

朝起きると予報通り、雨が降ってました。
雨はだんだんひどくなって、もう土砂降りなんです。
おまけに雷鳴も轟いて....どーすんの!
山に行く天気じゃないよね〜

しかしながら、リーダーから中止の連絡もなく....
行くっきゃないのか(@_@;)

仕方なく集合場所に行った頃には雨は止んでいました。
さすが〜晴れ女、晴れ男が揃っています。
やっぱりリーダーO女史の行いがよろしいのでしょう。


野牛山は南区にある530mの小さな山で、1時間ちょっとで登れます。
9名でワイワイガヤガ登り、鞍部で昼食。また40分かからずに下山。
結局雨にも当たらずに山行は終了。


あまりに早かったので、帰りに恵庭渓谷に寄ってみました。
白扇の滝、ラルマナイ滝、三段の滝とあり、それぞれが紅葉で彩られていて、観光客も大勢います。


ラルマナイの滝
PA200199.jpg 


三段の滝
PA200202.jpg 


滝を巡っていると手が冷たくなって来ました。
気温が下がっている感じがする....
雪が混じるかもしれない、と天気予報がいってたもんね。


パラパラと降り出した雨、峠を越える頃には霙に変わり、雪になってました。
ちょっとピンぼけだけど、笹に雪が乗っているのが分かるでしょ?
IMG_3051.jpg 


支笏湖の国民休暇村のお風呂で温まり、帰ってきました。
寒いので、夕食は今季初のキムチ鍋でした〜



Posted by meriko on  | 10 comments  0 trackback

登山道整備〜熱中症には気を付けて!

心機一転のつもりでテンプレート変えたのですが、友達に私らしくないと言われ、自分でも落ち着かなかったので元に戻しました。
トップの画像は14日、ニセコに行った時撮った羊蹄山の写真。
羊蹄山麓はものすごく暑くて、車の温度標示は28度になってて、涼しいところに住んでる私には地獄の暑さ。
まだ5月なのに暑すぎないか?

さてそんな中、昨日は樽前山の登山道整備の日。
去年は腰痛で参加出来なかったので、2年ぶりです。

樽前山の5合目ゲートはまだ冬季閉鎖中。
小屋の管理人さんがゲートを開けてくれるのを待ちます。
もう既に疲れて座り込んでるわたし...(クリックして大きくしてね)
(Photo by Sle)

他の登山者は5合目から2.5km歩かなくてはいけません。
ゲート前には2〜30台の車が止まっていて、みんな歩いて登っていきます。
歩いている登山者の脇を車で行くのはものすごく気が引けるんだよね...
なるべく砂埃を立てないように、ゆっくりと...ごめんなさい、と頭を下げながら...

作業は二手に分かれ登山道のロープ張りに向かいます。
(クリックしてね)
(Photo by Sle)


私とO女史は残って駐車場のロープ張りとか他の細々した作業を手伝うことに...
すぐに終了し、コメバツガザクラが満開だから見ておいで、と言われ、やったー!


O女史とふたりでゴミ拾いを兼ねて、お花畑から932に向かいます。
支笏湖を見下ろしながら歩きます。
P5220113.jpg

932には登らずにドームの脇を行きます。
P5220117.jpg

拾ったゴミはアメの紙とティッシュと輪ゴムのみ。
皆さんマナーが良いです♪
整備のグループとどこで出会うのかな...

もう暑くて暑くて....あぢー
ケータイが鳴り...
「みんな下りてるよ〜早く下りてこい!」

932、西ピーク、東ピーク、全てのピークを踏まずに下山。
P5220119.jpg

途中、バテて座り込んでいる若者グループがいます!
ヒュッテに戻るともうみんな戻っていて、管理人さんが冷や麦を作っていてくれました。
あ〜ありがたい!

気が付くとヒュッテの中に、頭を冷やして寝ている若い人が!
顔色真っ青、どうやら熱中症のようです。
介抱しているリーダーっぽい人は、外にもう1人熱中症の人がいるとか。

水も持っていたようですが、この暑さで足りなかったのか、十分に飲まなかったのか...
実はこの日は下界よりむしろ山の方が暑かったのです。

しばらく休んで、熱中症の2人をウチラの車に分乗させて5合目まで下りました。
他のメンバーには歩いてもらうほかないので、せめてザックだけでも預かりましょう。

というわけで、若い人よりウチラの方が強かった???
ほんと、熱中症には気を付けましょうね。

Posted by meriko on  | 6 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。