山猫メリのスケッチブック

ネコ、時々山登り、たまにスキー、外遊び大好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by meriko on  | 

紅葉の大雪高原沼めぐり

先日、緑岳からの下山ではまだ少し早かった紅葉。
高原温泉でちょうど見頃らしい...
紅葉時期、沼めぐりはすごい人と聞いているので、見たいとは思っていても避けていました。

一度くらい行ってみる?
という訳で昨日、早起きして出掛けました。

8時過ぎに高原温泉駐車場に着くと、あらら、すごい車です!
一瞬ひるんだけど、せっかく来たんだし、まあ山の中では分散するでしょう。

例の通り、ヒグマ情報センターでレクチャーを受けてから出発です。
台風で登山道が壊れて一周できなくなり、左回りで空沼までしか行けないそう。

ミネカエデの黄色でライトが付いているように明るい森の中。
IMG_6635.jpg 


ヤンベタップ川を渡ると、沼巡りの始まりです。


バショウ沼



滝見沼
IMG_2914.jpg 



緑沼
IMG_2921.jpg



エゾリンドウとウラジロナナカマドのコラボ
IMG_2923.jpg 


小さな橋を渡ると湯の沼
IMG_2928_201609282025171bb.jpg 


えぞ沼だったかな?
IMG_2950.jpg 



ああキレイだねぇ〜としか出て来ません...
IMG_2957.jpg 


真っ赤!
IMG_2959.jpg 


壁が見えています。6月には真っ白な雪壁だったのに...
IMG_2954.jpg 


大学沼で一休み
IMG_6707.jpg 



そしてここは高原沼。正面の山は緑岳。
今日もたくさんの人が登っているでしょう。
IMG_2961.jpg 


ハイオトギリの葉も紅く..
IMG_6688.jpg 




来年もまた、6月の末に来ようっと...
IMG_6684.jpg 

あとは空沼に向かいます。
分岐をすぎてから空沼に降りてみます、

へっ?これが空沼?
IMG_2977_20160928202743316.jpg 

そう、秋になると水が涸れるから空沼だった(*゚Q゚*)

ここ空沼で最後です。
残念なことに一周は出来ないので、ここから元来た道を引き返します。

紅葉を堪能し、高原温泉まで戻ったのは1時過ぎ。
高原沼の紅葉は日本一だとか。
日本一かどうかは知らないけど、うわさ通り本当に美しかった〜
でも人が多すぎた....


本当はもっともっと美しいのです。
ただ腕もカメラも悪くてね(´・_・`)


ちなみに6月はこんなでした。
yamanekomeri.blog.fc2.com/blog-entry-486.html




スポンサーサイト
Posted by meriko on  | 6 comments  0 trackback

赤、白、緑の3色登山

秋分の日、紅葉を求めて大雪に行って来ました。

3色登山とは、赤岳、白雲岳、緑岳(松浦岳)で3色になるから。
ここに黒岳が加わると4色になるけど、日帰りはちょっときつい。
なので銀泉台から赤、白、緑の順に登り、高原温泉までの一周です。

台風で決壊した高原温泉への道路が修復され、シャトルバスが4日間だけ運行します。
銀泉台線も21日までマイカー規制のため、レイクサイトからシャトルバスに乗ります。
レイクサイト6時の始発を待っていたら、なんと15分前に出発してくれた!ラッキー♪

それにしてもすごい人でした。
冷え込んだので、フリースを着込んでフリースの帽子も被って、しっかり手袋もして歩き始めます。

いい天気になりそうです。




白いのは霜です。
IMG_6519.jpg 


どうしたことか、銀泉台の紅葉はイマイチ。
雨がずっと続いたからね....
P9220194.jpg 




日陰は霜柱
IMG_6542.jpg 



クロマメの葉が霜化粧しています。
IMG_6556.jpg 


第一花園をすぎます。
P9220202.jpg 




屏風岳とその後ろの武利と無加
谷を埋める層雲
P9220197.jpg 


順調に登って、赤岳。
P9220222.jpg 


人がいっぱい!
こんなに人が多い山は久しぶり。

これから向かう岩岩した白雲岳と、その奥の旭岳。
P9220224.jpg 

なんだか全然赤くないね....


小泉分岐を過ぎ....P9220229.jpg  


白雲分岐も休まず....
ここを登り切れば白雲岳。
P9220231.jpg 


ですが....


白雲岳頂上からの旭岳、ちっともキレイじゃないヾ(℃゜)々
P9220232.jpg 



今の季節だと、ハイマツと紅葉と岩が、グリーン、赤、グレイのストライプ模様を織りなして、それはそれは美しいのです...
楽しみにしていたのに、ガッカリ。



トムラウシは頭だけ覗かせています。
P9220233.jpg 


さあ最後の緑岳に行きましょう。


見上げた空には内暈(ないうん)が!
P9220236.jpg 

お天気が崩れる前触れで、うちがさとも言うそうです。



さて小泉分岐から緑岳に向かうと...
ここらでは構造土が顕著に見られる、とOniが言います。


P9220238.jpg 


構造土って?
Oniが説明してくれ、フムフム。
ですが、また忘れちゃう。


緑岳に向かう途中、真っ赤になったウラシマツツジが!
P9220242.jpg 



真っ赤♪
P9220244.jpg 


向こうはさっきまでいた白雲岳
中央に白雲避難小屋も見えます。
P9220246.jpg 



緑岳で、あらまだ12時過ぎ。
意外と早かったね。

トムラウシも見えなくなりました....
P9220248.jpg 


高原温泉に向かって下山します。
P9220251.jpg 




谷も紅葉していますが、いつもの美しさではない....
P9220252.jpg 


岩ゴロゴロの急斜面は慎重に、あとは人を追い越しながらどんどん下ります。


下の方では色付きはこれからというところかな。
 IMG_6616.jpg 



緑岳から1時間40分で高原温泉に到着。
道が暖かい〜〜〜
P9220254.jpg 


レイクサイト行きのバスは30分おきに出てて、14時発のバスに間に合いました!
予定より1時間早かった♪

紅葉時期の大雪は人がいっぱいだし、肝心の紅葉もイマイチだったけど、最近歩いていない私は楽しかった。


今日はOniがルスツのトレランのお手伝いに行き、私は留守番。写真見ながら思い出しています。
やっぱり歩くのが一番。
それが最高のストレス解消だね♪


山で内暈を観察した通り、昨日は雨でした。
寒くて寒くて、初めて暖房を使いました。
大雪の初冠雪は来週あたりかな。






Posted by meriko on  | 8 comments  0 trackback

白雲山と岩石山

台風が去って晴れたし、ずっと山に行ってなかったので久しぶりに山に行きたい。
来月の合宿に備えて歩いておかないとマズイよ、これは。
というわけで早起きして出掛けました。

が、目的の山に向かうも林道決壊とのこと。(後で聞いたら林道はあちこちでズタズタでした...)
どうしよう?やめる?

いやいや、せっかく早く家を出たんだから、どこか歩きたい。
行けるとこは限られる。
では久しぶりに然別湖畔の白雲山に行ってみよう...
湖畔コースではなく、ヌプカの里コースから登ってみることにします。

そんなわけで、登山口に着いたのは10時半を過ぎてました。

水の流れた後はあるものの、道は荒れてはいません。


ここは以前「士幌高原道路」が通る予定でしたが、ナキウサギの生息地であることから反対運動が起き、工事は中止されています。登山道は途中からその道路と合流しています。


昔の道路から離れ、岩ゴロゴロの斜面を登っていきます。
P8250194.jpg


久しぶりなのでヒーコラ....待ってぇ〜
P8250196.jpg


右にいけば岩石山、左にいけば白雲山。
岩石山は後にして先に白雲に向かいます。


後で登るからね、岩石ちゃん!
P8250200.jpg

オオカメノキの赤い実と...
P8250199.jpg


ツバメオモトの青い実と...
P8250010.jpg


コルから40分頑張って登り、白雲山頂上に到着。
女性4人男性1人の賑やかパーティーと単独者で、狭い頂上はいっぱい。
写真だけ撮って下りることにします。

入浴剤を流したような白っぽい然別湖。
やっぱり濁った水が流れ込んだのかなぁ〜
P8250202.jpg


少し下に下りてお昼にします。
P8250204.jpg


さきほどの賑やか組が下りてきて、「写真撮りますか〜」といって、後ろ姿を撮ってくれました。
P8250206.jpg


帰りに岩石山に寄ってみます。
後ろは白雲の斜面。
P8250013.jpg

名前の通り岩石を積み上げたような山。
まるでトムラウシのロックガーデンのよう。
P8250209.jpg


ときおり、「ピチッ」というナキウサギの声が響きます。
目を懲らすけど姿は見せてくれない。


もうすぐだ。
P8250210.jpg


誰もいない頂上。ガスが掛かって何も見えないのでさっさと下ります。
P8250211.jpg


ここはモイワシャジンがたくさん咲いている。
P8250213.jpg

エゾリンドウや...
P8250214.jpg

アキノキリンソウも...
P8250215.jpg


登山口まで下りてくると、ずっと前に下山したはずの5人パーティーがまだいてビックリ!
うちらは岩石山に寄り道してきたのに....

さて今回の台風で登山口に通じる林道もガタガタになり、山はもちろん観光にも大きく支障が出ることになりました。大雪、十勝、日高、知床....全道です。
行ける山といったら望岳台からの入山と、大雪のロープウェイくらいか....こんなこと初めてです。
いったいどうなるんでしょう。

そして今朝からまた雨。
巨大な迷走台風が来ているんですよね。
どうかこれ以上被害が広がりませんように。



Posted by meriko on  | 10 comments  0 trackback

富良野 原始ヶ原散策

大騒ぎしたクークー骨折疑惑事件でしたが、すっかり元気になりました。
皆さまにご心配をお掛けし、本ニャンともども反省しております。<(_ _)>

さてさて元に戻って一安心の昨日、少し歩きたいと思い、出掛けてきました〜

富良野岳原始ヶ原コースはもうずいぶん前に行ったきり。
なので原始ヶ原から登ってこよう。
人気の富良野岳ですが、ほとんどの人は十勝岳温泉からのコースを選びます。

早起きして登山口となるニニウの森にいくと...
あらら曇っていますよ(;。;)
山はまた天気の良い日にしよう...というわけで、原始ヶ原散策に切り替えました。

原始ヶ原を歩くには長靴が一番。
熊フン点在の登山道を行きます。

途中の「天使の泉」は美味しい水が湧いています。



三ノ沢に向かって下りていきます。広原の滝。
P7220192.jpg

苔生した美しい流れ。三ノ沢を渡ります。
P7220193.jpg

かわいいマタタビの花。
P7220196.jpg


対岸の急な斜面を登ると、もう原始ヶ原入口。
P7220197.jpg


アカエゾマツに囲まれた静かな湿原。
IMG_6275.jpg


ここはその昔、蝦夷地を探検した松浦武史郎が通ったんだそうな。
IMG_6256.jpg


おや、面白い形の鐘がありますよ。
いい音だね!
P7220205.jpg


覗いてみたら、あはは♪ 炊飯器の釜でした\(^O^)/
P7220204.jpg



ワタスゲがいっぱい穂をなびかせています。
P7220222.jpg


風に身を任せて飛んでいくよ♪
P7220218.jpg


ワタスゲの中のピンクは何?

あ〜ら、トキソウではありませんか!
IMG_6284.jpg

いっぱい咲いています!
初めて見るので大感激♪


他にもモウセンゴケや...
P7220221.jpg


ヒメツルコケモモの小さな花...
IMG_6287.jpg


おや?少し霧が晴れてきました。
P7220235.jpg

富良野岳が望めるか?
でもやっぱり姿を見せてはくれませんでした。
P7220238_2016072315533036a.jpg


さて原始ヶ原に行きたかったのには理由がありまして...
実は今年の4月と去年の5月、雪の原始ヶ原でテント泊してたから。

昨年の春合宿、会の仲間とスノーシューで大麓山、トウヤウスベ山。
今年の春、Oniと2人、スキーで境山。
2回もテント場にした五ノ沢を見てみたかった。

今年4月の原始ヶ原です。
P4270107.jpg


GPSでテン場まで行ってみようとしましたが、すごいヤブ漕ぎ!
あきらめましたよ...
雪のない時期、湿原はともかく、アカエゾマツの林の中は笹藪に覆われて、とても歩けたもんじゃないです...

もう帰ろう。ネコたちが待ってる。
帰りは滝コースを選び、えらく時間が掛かって駐車場まで戻りました。

熊にも人にも会わない静かな原始ヶ原。
山もいいけど散策も楽しい♪
満足な一日でした。




Posted by meriko on  | 8 comments  0 trackback

大雪高原沼めぐり

大雪の高根ヶ原に咲くホソバウルップソウを見たい♪
冴えないお天気が続いている中、木曜日は晴れという予報なので、大雪に行って来ました。
高根ヶ原へは高原温泉から三笠新道を登るのが一番の近道です。

ウルップソウまだ早いかな~とか思いながら、夜中の高速道路を走り、高原温泉に向かいます。
早朝高原温泉に到着。思ったほどの天気ではなく、曇っています。まあいいか…


先日開いたばかりの三笠新道、通るには↓ヒグマ情報センターでレクチャーを受けなくちゃいけません。
P6240095.jpg

このルートはヒグマの出没があると即閉鎖となるのです。
「今年はまだ姿を見ませんね、いるのは確かですが」とレンジャー。(*_*)(*_*)


今日は左回りで沼をめぐり、三笠新道から高根ヶ原から緑岳を経由して、また高原温泉に戻る予定。
レンジャーに説明を受けた後、7時に歩き始めます。


水芭蕉が咲き乱れています...
P6240103_20160625163650442.jpg

P6240109.jpg


ヤンベタップ川を渡り...
P6240100.jpg


ヤンベ温泉はもくもくの湯気が立ちのぼっています。
P6240026.jpg


ミネザクラがキレイ!
IMG_5961.jpg


今年は雪は少なかったけど、気温が低いせいで雪解けが遅いとか...
まだたっぷりの雪(・0・)


ここは湯の沼だとか...手を入れてみたけど冷たかったわ。
P6240123.jpg

ここは滝見沼。滝が見えるのかな?
P6240108_201606251636519be.jpg


緑岳が望める緑沼
P6240117.jpg


土俵沼、バショウ沼、大学沼、緑沼...幾つかの沼を見ながら歩きます。
P6240131.jpg


P6240112.jpg


IMG_5965.jpg


点在する沼の雪が解けるにはまだ時間が掛かりますね。


秋の高原沼の紅葉は日本一美しいんだとか。
9月の紅葉シーズンにはマイカー規制が行われ、シャトルバス運行となる。
紅葉を見たいとは思うけれど、混雑は嫌なのでまだ実現していません...


ガスが濃くなって、今まで見えていた絶壁が見えなくなってきました。
P6240133.jpg


この様子じゃ高根ヶ原に上がっても視界は望めないし。
そしてこの雪ならまだウルップソウは早いだろうし。
せっかくならいい条件の時にまた来よう。
というわけで引き返すことに決定。


空沼の縁で休憩。
この沼が夏には水が無くなって草原になるとは想像できません。
IMG_5972_20160625232353714.jpg


ここまで来るとそのまま帰る方が近いけれど、ヤンベタップ川の渡渉には水が脛まであるらしい。
なので、元来た道を戻ります。


ところが、中止と決めたらまた少し視界が良くなってきました。
せっかく雪壁の下までいったのになぁ。いけば良かったかな~と逡巡しながら。
また来ればいいさ!


リュウキンカが咲き出しています。
P6240139_20160625225102aca.jpg


遠くから鹿がこちらを窺っています。
バンビ模様があるまだ子供、でも大きいので雄のようです。
P6240141.jpg


行く時と同じくらいの時間が掛かって高原温泉に戻ってきました。
そんなわけで、3年ぶりのウルップソウとの再会はまたの機会となりました。
花の時季は短いんだよね。行けるかな…>_<…


実は3年前には同じルートでのぼっています。

3年前はこんなでした


紅葉の美しい時にまた来てみましょう。




Posted by meriko on  | 6 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。